愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

秋雨前線の合間に

オフの6:00 
 目ざましもないのに目が覚めた
床の中で天気予報をみると下り坂
 早ければ9時には降水確率が高くなる ような

せっかく目が覚めたし ちょっと近場でも
ということで 秋川へ

6:40
川面にたまる靄
続いていた増水も落ち着いてきている
濁りはほぼ抜けたようだ 
P9290298.jpg
まずは水量のある押しの強い流れにフライを通す
流し方を変えながら刻むが 流芯にはオイカワはいないようだ
流れからはずれる 岸際を通すと

コツン と魚信.... ノらない
そして
  P9290299.jpg
   ちっさ!
  このサイズがアタックしているようだ

少しづつ立ち位置を変えると 魚信が途絶えないが
ずっと 小型が続く

そしてやっと それなりの しなりが入る
P9290306.jpg

P9290351.jpg 14㎝チョイ欠け
 この時期のこの場所では良型
 メインサイズは10㎝前後というところ
 しかし 魚信は多く 釣れ続ける

ポイントを変えて
P9290330.jpg
対岸のブッシュカバーを狙うと
13~14㎝のカワムツを連発
P9290371.jpg
このサイズが流芯を超えた向こう側でストライクするので
寄せるために流芯に入ると なかなか出てこないのが愉しかったり

流芯でかかるのはこいつ
P9290340.jpg
ウグイは結構強い流れに入っているようだ

流芯にウグイ 
浅い岸際の弱い流れにオイカワ
流れの緩まる場所とブッシュがらみの岸際にはカワムツ
 きれいにすみわけができている

8時ころちょっと雨が強くなる
P9290365.jpg
しかし 空は 暗くはない
 すぐにやみそうなので釣り続行
 案の定 20分くらいで濡れる前にあがった

カタこそ出ないものの いいペースで釣れ続け
P9290360.jpg
9:30を回ったころには3種あわせて40尾を超えた
割合的に8割近くは銀色オイカワ

雨も完全にあがり 薄日もさす
10:00を回って ピタッと釣れなくなる

時合なのか? ポイントを一通り釣りきったのか?

上流側にポイントを変える
P9290375.jpg   P9290377.jpg 
増水で川底は完全に小砂利と砂
場所によっては 足が埋まるような緩さだ

ここは対岸側にカワムツがつくポイント
振り込み一投目
ウエットフライの着水同時に水面が割れ カワムツがストライク
ドライフライでいけそうなので フライチェンジ

カワムツの連発 岸際1m位に着水するとバンバン出る
ただし ここでも大型不在 12㎝どまりと少し物足りない

そんな中
P9290380.jpg カワムツに混じりひときわいいファイトをみせてくれた14㎝

雨が降るまでの時間
と思ってきた今日
3時間も遊べればいいかな?と思ってきたが
気付けば昼をまわっていた

トータル75尾をカウントしたところで納竿
約6時間の釣果としては悪くない

しかし 今年はほんと カタが小さい
この場所も 去年はかなり愉しめたのだが .....

多摩川も釣れないし 
今年は外れ年なのか...

さぁ 今シーズンの終わりまでもう少し遊んでもらおう

去年は11月30日まで遊んでいた記録がある
今年はいつまで行けることやら


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

 Fly カワムツ ウグイ オイカワ フライ

0 Comments

Leave a comment