愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

あぁ やっぱり ここなんだ....

先日は湘南で撃沈した
 
やっぱり オイカワ 釣るか...

目覚めた時間で出かけよう予定の朝
仕事の日と同じ時間に目が覚めた

釣りに行くにはゆっくりめの行動開始
朝食を食べて
準備して 今日も高速に乗った
PA230148.jpg
日曜日の朝
高速はガラガラ
いいペースで走り ほどなく フィールドへ到着
 PA230150.jpg
あれ?先週より ずいぶん水が減ってる...
水に浸かっていた中洲が露出
土手上から見て その減水加減は3~40㎝ありそうだ

8:50 川に入った
気温は20℃と温かい
水温は13.5℃ 
前方に見える中洲
先週はすべて水中だった
PA230159.jpg
また ずいぶんポイントが変わっているだろうが
傾向は予想がつく
外さなければ 答えはすぐにかえってくる

それらしいところへ フライをプレゼントする
3投目に
PA230154.jpg 
14㎝のオイカワが挨拶にきてくれた

今日はサカナが散っているのか?
魚信は散発的
サイズも前回は釣れなかった10㎝程度の魚体も混じってくる

PA230195.jpg 
やっとでた16㎝強のオイカワ
PA230168.jpg
やっぱり このサイズの手応えは格別
一つ気付いた
 フライをローテーションしているが 
今日は ウエイト入りのフライに極端に反応が悪い

ボディカラーは 
 ブラック ミルキーピンク ライトグリーン ダークオレンジ ディープレッド
といった 自分の定番カラーのローテーション
そこで ウエイトなしのディープレッドにあきらかな偏りがある

しかも その流れより少し早いリトリーブ
このパターンで 魚信の数が上がる
時合?なのかもしれないが
 このパターンにはめたら いい感じに

しかし 今日のオイカワは総じて小型
16㎝超えがぽつぽつと入る程度
やはり 前回の大型ラッシュはミラクルだったか...

減水加減の記録
PA230162.jpg
先週はこの石の頭が10㎝くらい見えていた程度
そこから観測するに 約35㎝の減水だ

数は釣れる 
$RWN55UQ.jpg
そして 混じってくる このグラマラスな魚体
そして やっと
PA230204.jpg
17.5㎝に達する夏色抜けのオス
 あぁ 今日もありがとう
PA230227.jpg 
 顔には追星の薄れた跡が

 やはり これは2か月前には夏色と呼んでいたサカナだろう
 産卵に参加すると死ぬ という話
 この魚体 死なずに年を越す個体もいるという証拠ではないだろうか... 

 魚信が少し遠のいた

 気付けば 昼を回っている
 夢中になって釣っていると 体が冷えているのを忘れているが
我に返ると やはり 冷えているわけで

昼はコンビニで体を温めなおし
 午後ラウンドに突入

このころには 空は雲に覆われてしまい
 気温も下がってきた
    PA230232.jpg

それでもロッドは曲がる
だが 午後は14㎝を超えるものがいなくなった

そのかわり?数は釣れる
 フライパターンは 午前のままだが
 変える必要がないくらい魚信は続く

いささか釣れ過ぎなので
フライを#16へサイズアップ
 狙いを大型に絞る

がやっと1尾16超えを追加したのみで

14:30を過ぎたら 魚信がピタッと止まった
フライを変えても 場所を動いても
全くあたらない...
30分以上 何もない時間が続いた

今日は潮時だな
 もう十分愉しめた
そして今日はもう一つオタノシミ

今年初の秋オイカワをいただくことに 
PA230235.jpg 
16㎝を超えた10尾のみをキープ
 河原で下処理
  こいつらの胃内容物は植物性のものが主だった
 なのに フライを追う という不思議
そして 何より 手がぬめるほどの脂のノリ
 さすが 旬を迎えるオイカワ

毎回 食するわけではないが 季節ごと
 年何回かは 食味の確認もさせてもらう


PA230237.jpg
さて あと何回ここにくるのか?
いつまでオイカワたちは遊んでくれるのか?

そういえば 今日はウグイがいなかったな....
 などと考えながら 今日も愉しませてくれたフィールドをあとにした


追記
 調理前のオイカワたち
PA230239.jpg 
鱗をはぐと その下から色が出てくる
こうすると性別?がわかりやすい

そして 一夜干し
PA240247.jpgこんな感じで完成
 炙っていただくと なかなかの美味である 



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

 オイカワ フライ

2 Comments

Avant-garde  

素晴らしい釣果ですね!
それにしても、やはり大きくて体高もあり別格の迫力がありますね。
夏の記憶、竿から伝わる感触を思い出します。
オイカワは食べた事がありませんが、美味いという情報が多いのでいつか食べてみたいと思っております。

2016/10/25 (Tue) 09:03 | REPLY |   

matt  

Re: タイトルなし

Avant-garde さん

オイカワの旨さは水と時期の影響が大きいです。

生活排水の少ない清流産が
そして何より 冬に向う今が最高の旬ですよ。

食べてみると オイカワへの愛が深まります^m^

夏色は 個人的にはあまりおいしくありません(笑)

2016/10/25 (Tue) 09:32 | REPLY |   

Leave a comment