愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

今と昔 伊豆にて想う 〖Y氏邸襲撃計画敢行〗

19年前に退職した職場の上司Y氏が伊豆に家を建てた
これから老後を過ごす家だそうだ

「海の前だよ」

そんな話を7月に聞いていた

「遊びに行きますね」

という宣言をしていた

そんな話を現職の元上司T氏としていて
Y氏縁のチームで呑みたいね といった話になった

ということで 予定をやり繰りし
1泊2日の予定を立てた

Y氏がもてなしてくれるそうなので
遠慮なくご好意に甘えさせていただくことに

前日 同行を予定していたFamが体調不良でキャンセルとなったのはまことに残念だが

当日 朝 T氏にわざわざうちまで迎えに来ていただき
その車に乗せてもらって 伊豆のY氏邸を目指した

予定も結構アバウト
昼夜朝昼くらいの飯を面倒見てくれるとのことで
すべてテキトウ 時間に縛られない移動
いい年になったおじさん二人の伊豆ドライブ
朝方 雲の多かった空も 途中からは蒼天 気温も上がりすごしやすい

場所はネットで確認済み
道中の車内では懐かしい話に花が咲く
あっという間に 目的地付近へ

PB050004.jpg
あぁ なんという蒼天
水を見れば魚影を探すのは反射的な行動
港をうろうろ魚影を探す

とりあえず ロッドは積んでいる
堤防にはアオリイカの墨跡

後で狙ってみるかということで Y氏邸に上がりこんだ

さっそくふるまわれるビール
今日はもうこのまま飲んでしまっていい状況だ 
14964296_735115616635740_1952303434_o.jpg(Photo by T氏)
煮付けと生シラスを肴に 容赦なくいただいてしまう
一気に極楽モードへ突入
  DSC_0194.jpg     DSC_0193.jpg
眼の前に広がる海 暖かな陽射しの差し込むリビングに
Y氏の手料理 これ今日のお通しである

煮付けはすでに箸をつけてしまった上からミノカサゴ アカハタ カサゴ

お通しと駆けつけのビールで気分は上々
ロッド携えて 漁港に行った
狙いは15年ぶりくらいのアオリイカ

夕食の仕込みをしてくれているY氏を残し 
T氏とロッドを振ってみるが まったく不発

いつの間にか回りはアオリイカ狙いの釣り人がたくさん
でも誰も釣れない
有名ポイントなのだろう まぁ久しぶりにちょいと釣りしにきたくらいの自分に
おいそれとはかかってはくれまい

PB050006.jpg

それでも落日までロッドを振りあきらめた
港リサーチしていると 夕まづめにいいカタのカマスがルアーで釣れている
しかし かなりピンポイントな場所でしか釣れなのようだ
少しはなれたところで釣っている地元の方と同じようなタックルで挑むが
一発あたったきりでランディングにはいたらなかった

明日の朝 起きられたら狙ってみよう
ということで

夕餉へ
14971513_1105888566197825_1679404905_o.jpg
Y氏が仕込んでくれた なべ中心に
カワハギの刺身を馳走にあずかる
人のさばいたカワハギ なんと久しぶり...

14954398_1105974932855855_484035027_o.jpg14963557_1105902136196468_1026765152_o.jpg14959114_1105973189522696_1158297562_o.jpg
そして この日Y氏が用意してくれた ラインナップ
なんとも豪勢 呑んだことのない酒ばかり しかも どれも旨い

勢いに乗って
14964094_1105919159528099_1746471629_o.jpg
呑みまくりの元上司の二人
ビンのキャップをとらずに注ごうとしている酩酊ぶり

このメンバーでこんなにゆっくり呑むのは実に20年ぶりか
自分が在職していた頃の話 自分が退職してからの話
いまさらな話 などなど....

この上司たちの下で働いていた期間は約7年半
すでに退職してからのほうがずっと長い時間が経ってしまった

しかし あの頃は ほんと 愉しいことのほうが多かった気がしている
ただの懐古趣味的バイアスのせいかもしれない

辛かったこともあったはず
でも 今では愉しかったことのほうが圧倒的に覚えているし
というか 辛かったこと大変だったこと 
今なら社会的問題となるような出来事すらも
よい思い出でしかない というのが今なのだと実感する

大学でて初めて入った会社
仕事の仕方 人間関係 いろんなことを学ばせてもらった短かったが濃密な日々

そんな話は尽きず 気づけは6時間以上呑んでいた
そこらでY氏が意識喪失 
T氏と酒盛りを続け 3時過ぎ 二人とも力尽きた...


PB060014.jpg (うっすら見えるのが伊豆大島)
朝 いつもの仕事に行く時間に目が覚めた
2階で寝ていたが 下ではY氏がすでに活動しているであろう気配

隣で寝ているT氏は布団に包まり微動だにしない
ちょっと心配になりつついてみたら 動いた
そのまま起こさずに下へ
ビール+日本酒を4合以上飲んだはず
不思議と二日酔いの様子もなく目覚めもよかった

Y氏の用意してくれた朝飯を馳走になる

潮騒をBGMに朝食
民宿のようだ
食事が終わったら

「釣り行ってこいよ」

という声かけに ロッドを持って散歩に出かけた

この日はカマス狙い
昨日釣れていた辺りを探る が 
まったく気配がない

先にいた釣り人に聞いたら
「早朝回ってたけど もうつれないよ 次は夕方じゃないかな」

釣りに来て 何も釣れない釣りをやってしまったが
あたたかな陽射しの秋晴れ

港でボっーとしていたら 少し寝てしまった

しばらくしてT氏がやってきた

「あぁ 二日酔いだ...」

まぁそうだろう 彼も堤防に座り込み
まったりと3度寝くらい?の眠りに...

まったく釣れる気もしないので昼前にY氏邸へ戻る
PB060012.jpg (中心遠景に大室山)

Y氏邸で4食目となる食事をいただき
「また 近々お邪魔します」と宣言を残し
昼過ぎに 帰路に着いた

自宅周辺に戻り
本当は一緒に行くはずだったが体調不良で断念した後輩家族と合流

一緒に蕎麦屋で
DSC_0201.jpg 

回顧の念を催させる2日間
あっという間の時間だった

たまにはこういうの必要かも
 明日もがんばろうっか?って思えた

今回は予定の会わなかったメンバーも
またの機会に

Y氏 T氏 このたびはお世話になりました


 
スポンサーサイト

 こんな日もある

0 Comments

Leave a comment