愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

年の瀬に 年の瀬とは思えない 年の瀬

今日は 釣りはしていない
魚を釣ってはいないけど やっていることは釣りと変わらないか...
ということで 
-------------------------------------------
先日 BlueHeron製の新しい得物を手に入れた
 PC210231.jpg PC210226.jpg
10ftの#1 スイッチロッドらしいのだが 
#1のスイッチロッドって???という感じで
なかなかおもしろそうなブランクスだった
スイッチロッドとして使えるような感じでもなく
それのような感じの長尺シングルハンド低番手といった感じ

自分のフライロッドへのこだわりは “しなり”
あの魚たちをかけたとき きれいなベンディングカーブが出ること
そして ロッド ラインを通じ その先の魚の力をめいっぱい感じられること
なんてあたりがブランクスを選ぶ基準

あの場所の盛期に使うつもりで仕立ててもらったspecialである
逆に言えば あの場所以外でどう使ってよいかもわからないspecでもある

キャスタビリティやコントロールはトレードオフでも構わないが
ある程度はフライを運んでくれないと困る

相反するファクターをどこで折り合いをつけて誂えるか でいつも悩む
でも この悩みが さらに釣りを愉しくしているのも事実

年が明けて 春の気配を感じるころに出来上がればいいか?
くらいでオーダー した 【雑魚専用特別誂 其ノ参】
想定外に早くできてしまった

これはこれで 春までラインセッティング考えたりキャスト練習したりと
悶々と過ごす時間ができたということ
もう 観念して愉しむことにしよう

そして 世は年の瀬
すでに釣りおさめ宣言をしたあと

午前中は買い物行ったりなんだかんだと

年の瀬とは思えない陽気となった今日
日向は20℃に迫る暖かさ

昼ごはん食べて 一息つくと
どうしてもロッドを触りたくなり...

食後の散歩を兼ねて 河原へキャス練へ出かけてみた
DSC_0368.jpg
ロッドをつなぎラインを通し フライは付けずに
それだけで散歩に出かけた

なんか 季節がわからなくなる
年の瀬であることを忘れてしまうような陽射し

しかし 玉川上水はしっかり冬の様相
 DSC_0369.jpg 

猫の背中が
DSC_0371.jpg 気持ちよさげな感じを醸し出していて しばし ほっこり
 
川に着くと どんど焼き の小屋
DSC_0375.jpg 
作って間もないまだ緑の小屋 年の瀬の風景

空は 冬っぽくない
DSC_0381.jpg この時期には違和感のある空の感じDSC_0383.jpg
この場所でしばしキャス練

今日用意したラインは
ポリリーダー12ftのインターミディエイト を
家で放置されていた怪しいWF1Fのテーパーらしきあたりをカットして
レベルラインになったところにつないだ いい加減なシューティングシステムもどき

納品を受けた先日は SAのDWF1Fを乗せてみたが 少々ラインが軽かった印象だった

結果 今日のも なんか 違う気が...
ラインがかったるい....というか 無駄に重い...

BlueHeronさんからは 
ブンブン振るようなキャストはしないこと
アゲンストでは無理しないと
くどく忠告された     

スイッチといってもスペイができるようなパワーもない
力で投げればバットに無理がかかり最悪折れることも想像できる調子のロッドである

飛距離を捨てて ロールキャスト中心の運用のためDT2Fあたりを使うか?
シューティングシステムを煮詰めるか?   

さてさて 春までの間 セッティングを詰めることにしよう
DSC_0378.jpg はやく このロッドを 曲げてくれるあいつらに逢いたい

といっても まだ今は 年の瀬
しかし そんな感じのしない今日
DSC_0384.jpg 
蒼空に浮かぶ雲も なんとなく 夏のような...

今年もあと1週間 
 ちゃんと 人としての活動もしないとなぁ...

と思った 今日だった
 
スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

 フライ Fly BlueHeron どんど焼き スイッチロッド

0 Comments

Leave a comment