愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

春一番にはやられた... プラスまさかの.... そしてグッタリ....

天気予報は4月並みの暖かさになると伝えていた今日
春一番が吹きそうだともいっていた

河津桜が咲いてる報が気になっていて
奥方に「河津行く?」と聞いたら
去年の渋滞で懲りたらしく....

そういえば 神奈川の松田町 
西平畑公園のさくら祭りで河津桜が何たらとかニュースで行っていたのを思い出し
午後から風が強くなるような予報を信じて午前中はどうにかなるか?と出かけてみた

あきるのICから圏央道に入り 東名の大井松田ICまで一気に走る
201702171.jpg
つもりだったが....

相模原過ぎたあたりから すでに 風が強くなってきた
厚木に差し掛かるころには身の危険を感じる強風....
何せマジェスティSにはルーフカウルがついている
通常風防として快適なルーフも こういう風にはめっぽう弱い
70㎞/hでも直進するのが大変な状況にビビり 高速を降りた...

風速は常時7~8mはあるのではないか?という状況
瞬間的には15mはあろうかというような突風も混じる

一般道を走っていても なかなかデンジャラスな感じ
ボックスには あわよくば釣りしてしまおうか と
邪にフライタックルをしのばせてきたが
これでは 全く出番はなさそう
 あきらめが悪いのでとりあえず 川を見にゆくことにする

まず目指すは金目川 オイカワのフライフィッシングではちょっとした有名どころ
冬でも釣れる との話もあるが これまでロッドを振ったことはない

金目川へ向かう途中で渡った鈴川
201702172.jpg
名前の知らない川だったが なかなかよさそうな感じ
しかし 畑の中で 遮蔽物のないここは 吹き抜ける風がハンパない...
停車しているのも恐ろしいのでまたの機会に
 
なんか 雲が 突然あやしくなる
目的の金目川に到着
川沿いにしばらく走る
「川がにごってる?」と思ったら
いろいろなところで 河川工事されまくり....

201702173.jpg

浅い瀬の多い感じで ハイシーズンにはそれなりの釣果が期待できるであろうことは
想像に難くない

が 今日は なんてったっての強風というか爆風
暖かさは格別 この時点で19℃くらい
午後には20℃超えてくるだろう
風がなくて 工事がなければ...
 とがっかりし 松田町へむかうことにした

晴れてはいるが 山のほうは暗い雲が切れない

 201702174.jpg(ちょっと寄り道 卒業式以来なここ)

そのまま帰ろうかとも思ったが 帰るも地獄...
強風にあおられながら よろよろと松田町へ到着
走行距離に比例しない疲労感あり

桜まつり会場へ
駐車場は大渋滞
さすが メディアに露出している観光スポット
公園入り口の本来の駐車場は入場制限
バイクも公園入り口の駐車場まで入れてもらえず
下の遊歩道入り口付近へ誘導される
このときばかりは 車で来なくてよかったとおもう

しかし それもつかの間
山の斜面にあるこの公園
さえぎるものがないロケーションは見晴らしのよさはスバラシイ
それがあだとなり今日のような風では そのあたり方もハンパない
駐輪している愛機は ルーフに下からの風を受け不安なくらい揺れている....

201702175.jpg       201702176.jpg
歩道入り口のたて看板も強風で引きちぎれ飛散してしまっている
桜の揺れぶりも激しい
戻ってきたら バイク倒れてた.... なんて悲劇が起こらないよう
風の抜け方を考えて駐輪した

とりあえず 遊歩道を公園入り口にむかい上ってゆく
に しても 風が強い
もう 二言めには それしか思い浮かばない....  2017021713.jpg
さくら 舞い散る
いや 飛び散る....
もはや風情どころではない ひたすら強風に耐えしのぶのみ....

多くの人出で賑わう散策路 そこにも容赦なく風は吹き抜ける

2017021712.jpg
丹沢方面は雨が降っているかのよう
いや たぶん降っているのでは....という雲が垂れ込めている
雲の動きも速いが 山々にまとわりつくかのように
ちぎれ流されては 次が沸き立つようで
一向に晴れることはなかった

河津まで行かずとも それなりに愉しめる
ということがわかったのはよかった 
確か 2~3日前に満開宣言が出ていたような? 
でも 次回来るなら 咲きぶりを確認して時間も気をつけないといけない
と学んだ
201702179.jpg     201702178.jpg
町も観光資源としてなかなかのてこ入れぶり
この時期の集客としては成功だろう

しかしこの場所 なんといっても ロケーションがいい
雲がなければ相模湾が望めるし
2017021710.jpg
(雲がなければ...あの雲の下が相模湾)

咲き誇る河津桜の背景に富士山を写しこむこともできる
が 今日は残念な雲ゆきだった
そこは またの機会にということか

に しても風が強い というか 強すぎる....
と またまた愚痴りたくなる

公園入り口まで歩き 吹き抜ける風にさらされ落ち着くこともなく
そうこうしているうちに
駐輪してあるバイクが心配になり
早々に遊歩道を下ってしまった

バイクは無事で安堵する
2017021711.jpg 
「さて もう帰るか...」

しばらく東名高速の側道をはしる
ここにもさくらが植えられていて目を愉しませてくれる

にしても 風が強い....
とても高速道路は走れそうもない

R246にでて 秦野方面へ

『県道70号行くか?この気温なら雪も路面凍結も大丈夫だろう』
ということで ヤビツ峠越えとする
ヤビツ峠越え もう30年ちかくしていないな
最近 友人が自転車でヤビツを登っている写真をSNSでよく目にしていたので
どんな道路になったのか?興味もあり

しかし このとき これからやってくる試練を知る由もなかった....

強風で道路に落下し散乱する夏みかん?
道路わきに寄せておいた...
 2017021714.jpg    2017021715.jpg
さらに 突風で巻き上げられる砂塵
息を止めてやり過ごす そして その後も
視界不良レベルを数回くらう

山を登り始めたところで 雨粒が...
2017021716.jpg
さらに行くてをふさぐ 養生シート
走行中にアレが飛んできて接触することを考えたら...
もはや 恐怖でしかない

そして 『この先要滑り止め』の看板
しかし 自転車が上っていくし下っても来るので
今日は大丈夫だろう と楽観し進む

山を登るにつれ 雨足は強くなるが今日は雨具なし
この程度ならルーフのおかげでほとんど濡れない
ルーフの恩恵と弊害が一度に感じられるこの状況

次から次へと襲ってくる逆境
だんだん それが 愉しくさえ思えてくる
悪い癖だな.... と思いつつも 気分は若干アドベンチャーティック

山間では木々にさえぎられて風は幾分か まし
だが 道路はいたるところに枝が散乱しているし 突然飛んできたり降ってきたり
ぬれた路面と路面上の物体 突然の落下物に注意を払い慎重に走行した

 2017021717.jpg  2017021718.jpg
ヤビツ峠展望台 不思議な天気
雨は路面をぬらすほどに降っているのに...
陽が出ているし 遠くは蒼空

そして ヤビツ峠に到着
ここから いよいよ下りへ

下りは清川村方面 道路は山の北斜面に位置する
そこで いやーな予感が始まる
峠を越えたところから状況が一変 道路わきに雪が
2017021719.jpg   2017021720.jpg
雨 路面に散らばる木々 そして路肩の雪
気温こそ14℃くらいあるが なんとなく ヤバさを感じ始める
走りながら もうひとつ気がかりなこと
『対向車が来ない....』それがなにを意味しているのか?...

そしてしばらく下るうちに
終日陽のあたる事はないであろう場所で路面に雪が張り付いているのが見え始めた
アイスバーンではない が
濡れた道路でもそこで路面に張り付いて固まっている氷を
溶かすまでにはいたっていない箇所が散見される

轍の部分や 氷の切れ目を狙いゆっくり通過する
万一 ツルっといったら 氷の上なので踏ん張れないだろう...
引き返そうか...とも考えたが 徐々に高度は下がっているので
凍結具合も 高所のほうがひどいはず と たかをくくって進んだ

しかし 予想に反し 徐々に 路面の 氷の状態が深刻になっている
気温は高いので完全なアイスバーンではないが
 路面に薄く張り付いた氷の上に 水の膜が乗っているおそろしい状況が...

そして ついに....
2017021721.jpg
キター!
完全に薄氷に覆われた道路
バイクを通せる氷の切れているラインがない.... 
2017021722.jpg   
まずいぞ...
ほんとにまずい.... とりあえず歩いてみるが

「ツルツルじゃんか....」
青鹿号ならイケイケのところだが 今日のマシンでは....
こけたら ルーフ逝っちゃうだろうなぁ...と不吉な考えも付きまとう

区間長は30mくらいか...
しばし悩み
「はっ!これだ!」と閃く

強風で枝やら杉の枯葉やらが道路わきに吹き寄せられ盛られていた
それを足で崩し バイクのタイヤを通せるだけのラインを急造

氷ですべるよりは枯葉のほうが全然まし
その上をソロリソロリと通り無事通過成功!
この時点で汗だく...
林道遊びしているかのようだ

そして はたと気づく...

この先 同じような場所があったらどうする?
行くも戻るも地獄な深みへ

だが 進むしかない 進んでこそ道は開かれる!
とポジティブにシンキングはしてみるが
不安はぬぐえない

どきどきしながら走り 

4箇所ほど氷の路面に出くわしたが 
先のラインがまったくない という状況ではない
走行ラインを確かめ 轍でできた走行ラインをつなぐを繰り返し

凍結区間の脱出に成功した
 2017021723.jpg
(丹沢ホームフフィッシングエリア 営業形態などよくわからない謎の多い釣り場

しかし 最後の凍結区間で 痛ましいことが...
行くての凍りついたコーナーにバイクが一台
まさか と思ったが 氷の罠にかかってしまったようだ
そばに立ちすくむライダー

怪我はないとのことだが 車両は自走不能
ここまでくる間には凍結はなかったが 
突然の路面にやられたと...
すでにレッカーを呼んで到着まち とのことだったので先へすすむ

確かに 先の場所から先は 凍結はなかった 
数キロ進んだところでレッカーとすれ違ったので ホッとする


やっとの宮ケ瀬湖まで出てきた 
2017021724.jpg
雲は多いが晴れ間がある
そして 強風で舞うように振る雨と葉が陽の光でダイヤモンドダストのように光って
ちょっと 幻想的な感じ

 2017021725.jpg
無事に ここまで来ることができた
という安堵しかない
ヤビツ峠の今昔を考える余裕もなかった....

後は 強風に気をつけて家路をたどるだけ
2017021726.jpg
宮ケ瀬湖で18℃もある今日

明るいうちに帰着 
走行距離は160km程度だが 激しい疲労感
 2017021727.jpeg
ヤビツ峠越えでドロドロになったバイク
早速 今日の健闘を称え洗ってあげる

春一番 から何番まで食らったのだろうか

あぁ 転ばなくてよかった...


今日の教訓
 ①ヤッパリ強風時にはルーフ付きバイクには乗っていけない
  (知ったのに....)
 ②暖かいからといってうかつに山間部の走行ルートを選ばない

とにかく疲れたが 充実感のある無事に帰ってきたからこそ愉しいといえる
ショートツーリングだった

こういうの生きている実感の小さなヨロコビだったりする....
 


にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Motorcycle

 マジェスティS ZORRO ルーフカウル 河津桜 松田町 桜まつり 西平畑公園 ヤビツ峠 宮ケ瀬 金目川

5 Comments

やまねった  

北海道から、初めまして。

グリチェロさんのところから、訪問させていただきましたやまねったと申します。

昔、伊豆に釣りに行った帰り道に松田町の河津桜の公園の横を(車で)走っていたので懐かしく拝読させていただきました。実は僕は蛭が大の苦手なもので、なんかヤツがいそうな感じがして車から降りたことはありませんが、ヤビツ峠も懐かしいです。

こちらでは路面がつるっつるで危ないので、バイク乗りの方でもバイクは夏だけの贅沢品ですが、関東は年間乗れていいですね!こちらはGWに入る頃までは郵便配達の人がたまに乗っているくらいくらいしかバイクを見ません。

無事に峠を越えご帰還されて何よりです(^^)v

2017/02/20 (Mon) 13:13 | EDIT | REPLY |   

matt  

Re: タイトルなし

やまねったさん

メッセありがとうございます。
私も貴殿のブログにはチョコチョコ訪問させていただいております。
グリチェロさんからもお話はうかがっておりました。

バイクは、特に今のマジェスティSは釣り道具としても重要です。
気軽に出かけて駐車に4輪のように気を使わないので。
便利すぎて車に乗ることが減ります(笑)

今後とも どうぞよろしくお願いします<m(__)m>

2017/02/20 (Mon) 18:15 | REPLY |   

やまねった  

確かにバイクに乗せられる釣り竿を持っていればバイクのほうが便利ですね♪

こちらこそ、よろしくお願いいたします!

2017/02/20 (Mon) 19:06 | REPLY |   

桃  

無事帰れてよかったです。
もう、春はそこまできていますが油断するとまだ・・・って感じだったりしますね。
とにかく、無事に生還できてよかったです。

2017/02/20 (Mon) 21:39 | REPLY |   

matt  

Re: タイトルなし

桃さん

コメありがとうございます(*´∀`)♪
この日は自分の成り行き任せ的な思考が、うらめしかったです(笑)
自戒を込めて書きなぐりました。
そして、トラブルも愉しんだもの勝ちってことにしました。(*´∀`)♪

2017/02/20 (Mon) 22:08 | REPLY |   

Leave a comment