愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

気になる川の様子 さてさて 

先日 「まだ早いなぁ...」
と思いつつ 川に出かけ 
カワムツたちの動きに なんとなく冬の終わりを感じてきた

そうなると 衝動が高まるのは必至

マジェスティSにも乗りたいし 気持ち暖かな感じもあり
午後から 夕方狙いでフラッと行ってしまった


近頃 安易に高速道路を使うので リアタイヤのセンターだけが減る
通称“族減り”なタイヤが気になり初め 往路はワインディングを走りたくてルートを選択した
201703101.jpg    201703102.jpg
ルーフのおかげでペースをあげる走りは出来なくなったが 
それはそれでちょうど良い
適当なスピードでローリングを愉しみつつ

八王子方面の街並みを遠目に 峠の頂上でマジェSに出会う
駐車場にたたずむ同型車に近寄り ついつい記念写真
怪しげな動き?をしつつ周囲をうかがうが
乗り手はハイキングにでも行っているのだろうか?近くに人影はなかった

峠を下る
201703103.jpg ルーフ越しに富士山を拝むが
 頂上は雲に隠れ 稜線の一部が見えるのみ
気温12℃ 風も強くはないので 麗らかな陽射しを浴びながら揚々と川へ向かう


今日はいつもより上流に入ってみるつもり
           201703105.jpg
草がのびると釣りにならないポイント
大型がいないので 盛期でもあまり釣らないのだが
草の丈がのびる前に ちょっと探ってみることにした

小さめのカワムツたちの姿は見える
まだ 流れの緩い水深のあるポイントに群れている
魚たちの気配を探して歩く
と ポツポツ ライズの出ている場所を発見

振り込むと 一発で反応が返ってくた
201703106.jpg     2017031010.jpg
  1尾目 11㎝
 2尾目 8㎝
やはりこんなサイズ
気温12℃ 水温9℃ 
前回と温度データはあまり変わらないものの 
 今日の反応は違う

201703104.jpg
その後サイズアップもなく12㎝どまりではあるが
好反応が続く 
連荘で釣れるので 途中からネットに貯めてみた
204703109.jpg 
 あっという間に貯めただけで10尾を超える
この同じ場所では トータル18尾を抜くことができた

その中の一尾
 2017031016.jpg      
鳥から逃れた勲章付
 こういうのが釣れるとついつい「頑張ったなぁ...」
と声をかけてあげたくなる

いい調子で釣っていたらパラパラっと水滴が
 2017031018.jpg     
 急激に曇る空
瞬間的に風が冷たくなる
太陽が出ているか否か は体感気温に直撃するが
 そのまま気にせず 魚の気配を探しながら釣りあがる

しかし すぐに雲も消え 蒼天が戻ってきた
2017031019.jpg
川べりの桜が開きかけ
 これが満開近くなるのが 本格始動の合図だが
それも近そうだ

カワムツの反応が遠のいて というより 
釣りあがったら川にカワムツの姿が見えなくなった
「いないのか?」とあきらめかけたところに
 
派手にドライフライにアタックしてくれたこやつ
2017031012.jpg
前回に続き キレイな外道 登場
16㎝のそれは 天然系の風貌をしており 
キレイなパーマークの様子からしても多分そうだとおもう
2017031014.jpg   2017031011.jpg
キレイな外道をついつい撮影
「やっぱりこれはこれで美しい というかカッコいい」
 
  
羽虫もたくさんとびまわりはじめた
もう少し上流へと進むが このあたりには魚の気配を感じない
2017031017.jpg 以前(盛期でも)もこのあたりではそんな感じ

引き返そうかなとそんな折
 2017031020.jpg      2017031015.jpg 
2尾目の外道 登場
先ほどより 小型14㎝
しかも こいつも天然系だ
そうくると 外道といえどなかなかうれしいモノで
山女魚はいるんだ と驚き

このたりから上流は入ったことがない
なぜならここから上は完全に渓流の様相
カワムツもいそうもないし もう 自分のフィールドではない

と いうことで いつものあたりで
黄昏に向かう夕刻を過ごそうと移動する

そこでは 小型ながらプチラッシュを堪能した
 
2017031023.jpgその中に混じったカワムツオイカワのハイブリットらしき個体 13㎝
カワムツに特徴的な体側の黒いバンド模様がない
数年前に初めてお目にかかってから 確か4匹目か?
数はとても少ないのでカワムツを見慣れた目には 「ん?」と直感的に感じるようになった

この川には もうほとんどオイカワがいなくなったのだが...
こういう個体もカワムツと交雑して 
だんだんオイカワっぽさを失いカワムツへと戻ってゆくのか?
まぁ その結果を知ることもないだろう....


陽も落ち
2017031021.jpg
気付けば 水面のフライも見づらい時間に

今季初の二桁釣果
正確なカウントはしなかっが 30尾以上は釣れたはず

片付けて川を後にするときには
 2017031022.jpg
すっかり暗くなってしまった

帰りもワインディングを と思っていたが
予定より長い時間遊んでしまったので
結局 高速道路を使って帰宅した

今日も 十分愉しませてもらった
あとは 15㎝を超える大型の活動が始まるのが待たれるな

スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

 カワムツ 山女魚 ヤマメ オイカワ フライ マジェスティS

2 Comments

やまねった  

釣行お疲れ様です!!

毎度毎度、ものすごく美しい写真ですね!

カワムツ、ヤマメ、オイカワ、僕もこんな綺麗な写真が撮れるようになりたい。。
と思いながらいつも拝読させていただき、癒されています(*^^)

鳥から逃れた勲章付の魚、自然の中で生きているネイティブ感あって凄くいいです!
魚から見たら死活問題なのでしょうが、
釣り人から見るとこういうのすごく燃えますよね。。
めちゃ分かります!!

素敵な写真ありがとうございました☆

2017/03/13 (Mon) 13:35 | REPLY |   

matt  

Re: タイトルなし

やまねったさん

写真は遊んでくれた魚たちへの敬意として撮ってます(笑)
そんなので癒されていただき恐縮です<m(__)m>

>鳥から逃れた勲章付の魚~
共感していただけましたか(*^_^*)
あのがんばった感にグッとくるんですよねぇ...

励みになるコメントありがとうございます(^^ゞ

2017/03/13 (Mon) 18:49 | REPLY |   

Leave a comment