愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

釣ーリング 仲間増殖 そして一つの目標を達成

さあぁ  今日も行ってみるか!

 ということで、仲間が増えた
  去年からこの釣りに関して同じ趣向の知り合いが増えつつあり
11119967_804121363041215_9198733706115753488_o.jpg
朝からベスパのメンテナンス中
 ノスタルジーを愉しむためには気遣い必須

いつもの?3河川攻めコースで行ってみよう!

   数日前の雨で適量に増水してるはず
    期待が高まる
 
して、川についてみて唖然
11258227_804121343041217_5842583925390102020_o.jpg

なんだ?この人釣り人の多さ

そうか、あの団体とバッティングしたか....
 
 オイカワの餌釣りを楽しむ集団、
  毎年この時期に大挙して押し寄せ
    オイカワを釣りまくる大会?をしている

 また、今年も当たってしまった....
    というか、「例年より人多いぞ?」

 餌釣りの人に聞いてみた
   今日は2団体の交流戦?みたいなことをやっているらしい

「あ~あ...釣りになんないか...」

と思いつつ、餌釣りの方々の竿抜けに入れてもらう

大体こういう時、フライ持ってくるといや~な顔されたりするが
 今日の方々はとても気さくで一緒に釣りをさせてもらった

 水は思った通りいい増水加減
  しかし、おいしいフィーディングゾーンには餌釣り師

ちょっと様子見ながら振りこんだら
 ド~ン!と
906029_804121359707882_8030062706629801933_o.jpg
 はい、19.5cm出ました!
   そして、18cm以上が次々ヒット
  周囲の餌釣り師たちの視線がイタクなりつつ

  「おにいちゃん すげーつるな みんな釣っちゃうなよ(笑)」
  
 おにいちゃんて歳ではない自分
    周囲の釣り師は高齢の方が多く
     温かい声掛けをいただき微笑みで返してみた
 
と、そうこうしているところに
キター!
かけた瞬間 それまでとは異質な手ごたえ
 愛竿 Zacco ST がバットからひん曲がる
  ハス?と思ったが 走り方が違う
    デカいオイカワであることを期待させる

慎重に寄せて取り込んだ魚体は
11731622_804121353041216_1123010417091110523_o.jpg

「こいつ、20超えてないか」

 魚を弱らせないように気を使いながら
  震える手と異常に上がったテンションで 
  同行者二人に大きさの確認を求めながら大きさを測ってみた

   20.2cm

ついに、積年の20cm超えを達成した瞬間だった...

ひとしきり釣ったところで第2河川に移動
11411631_804121366374548_4054236962195370505_o.jpg

ここでカワムツにアタックする 
 しかし、またも大型不発で終わり

第3河川に移動し
 大型オイカワとハスに遊んでもらうが
  先の20超の感覚が残ったままで写真も撮らずに釣ってしまった

 そこそこ釣れたはずだが....

今年はこれ以上の魚を獲れるのか、これを破れずにこれからを過ごすのか?

おそらく後者だろう...

 また、すぐに釣りに来てしまうだろうな...
  と思いつつ、長い一日を終えた


スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

0 Comments

Leave a comment