愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

性懲りもなく 出かけてしまう.... 

昨日釣りから帰ると
翌日(この日)の予定がキャンセルされていた

「ならば 行くしかなかろう!」
の まさかの連日出勤を敢行する

昨日ほどではないが 今日も良い天気
2017041920.jpg 川に着くと 濁りは抜けつつあるもの

201704191.jpg
増水した水位は変わらず


201704192.jpg
とりあえず川に浸かってみる が......

やはり 先日のあの爆発感が残っている体には
無反応な川の状態はこたえる....

やっと釣れた
201704194.jpg 
しかしサイズが....
その後もポツポツと散発的に小型ばかり

濁りの少ない流れのほうへ移動
201704193.jpg
風も穏やかで心地よい

2017041916.jpg       2017041914.jpg 
そして そこそこのサイズ16~17cmがポツポツ遊んでくれる

しかし それも長くは続かず...
ここには魚はいるようなのでまた後で釣ることにして
再び移動

そこへ じゅんさんが登場
じゅんさんはうっすら程度に濁りの残る支流へ
自分は朝は未練がましく本流の様子をみに分かれる

しかし 本流は....
まったく芳しくない
朝と同様 小型が散発的に釣れる程度
自分もじゅんさんの後を追い 支流へ行ってみる

ここでのオイカワは15cmを超えないものの
反応は本流よりよい

でそんな中
一際 いい手ごたえが
201704196.jpgあれ?こんな場所で天然系外道の約16cmの登場
成魚放流物だけだと思っていたが
ここでは初めてだな キレイにヒレをはったなかなかのビューティーだ

 201704195.jpg
水中では 川の濁り加減がわかる

支流でも反応のない時間になり
遅いランチをとり
今日 一番よかった場所へ戻る

201704197.jpg (PhotobyJじゅんさん)
 本流の濁りも朝より回復


そして そこはやはり今日一番反応がよいようだ
16~17cmのカタぞろい
そして やっと

2017041913.jpg
本日初の18cmチョイがストライク

そしてそれは
2017041910.jpg
なかなかの発色をみせる
盛期の夏色には遠く及ばないものの
体に現れるはじめた夏色の片鱗

このくらいの色づき なかなか艶かしくてお好みだったりする
だんだん 近づきつつあるハイシーズンを彷彿させるには十分


2017041911.jpg    (Photobyじゅんさん)
長閑で待ったりした陽気となった午後の時間

川岸で微睡んでいたら
背後に人の気配
振り返ればそこにはゴンさん

午前中は渓流でヤマメを釣ってきたとのこと
ポイントを代わって
2017041922.jpg 
じゅんさんとゴンさんの釣りを眺めながら

2017041917.jpg
しばし呆けてみる
ちょっとウトウトしてしまったりな
極楽感

そんなところへ
2017041923.jpg 
TH氏登場
通勤組みフルコンプとなる


ひとしきり釣って
本流へ移動
だが 本流は相変わらずパッとしない 
201704198.jpg 夕方のラッシュも期待できそうもないが
ここに浸かっているのが好きな自分は残り

3人は先ほどのポイントへ

本流で粘るが散発的な反応と釣れても小型の耐え難い状況
一向に好転せず ココロオレル
支流へ移動
ここ 午前中も今日は水温高いなぁ...とおもっていたが
さらに上がっているようで温いくらい
本流は12℃なのにこちらは17℃もある

期待したが 数は出るも小型ばかりで14cmにすらとどかず
やりきった感をともなう疲労を感じる

1日がんばってカウントこそ46尾だったが
内容は伴わなかった.....


一足早く 川を上がり帰り支度
 2017041915.jpg
一向に戻ってくる気配のない3人
「こりゃ 釣れてるな...」
珈琲のみながら 待つこと約40分
ヤッパリ向こうは良型のラッシュに当たったとのことだった

今日も がんばったな 自分
それなりに 愉しめたからよしにしよう

上がってきた3人と雑談しつつ 
すっかりあたりも暗くなり
あわてて帰路についた今日だった



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

 オイカワ フライ Zacco Fly マジェスティS

0 Comments

Leave a comment