愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

山梨県河川の遊漁ルール 確認なんぞを

釣れない釣りに来たついで
といっては何だが
電話でもよかったのだが
聞きたいことがあってやってきた

いつも釣りをさせてもらっている川の管轄漁協
 2017041817_2017041923245863b.jpg 
入るのは2度目
3年前にも同じことを聞きにきた

「なぜ同じ質問をしにくるのか?」

それは遊漁のルールを確認するため

知らない間にルールが変わっていたではケチがついてしまう
 川の釣りを愉しむうえでルールを守ることは大事なので

ほとんどの河川ではその場所を管理する漁業協同組合があって
その管理下の河川で魚類を採捕(釣りだったり網でとったり)する時には
遊漁券(遊漁証などいくつかの呼び名がある)を購入した上で
漁協の定めるルールに準拠した方法で採捕しなければならない

ほとんどの川 としたのは
数は極少ないながらも漁協が管轄していない河川も存在するから
そういった河川では特にルールはないので 
自然景観やそこに生息する生物たちの生息環境に配慮して
釣りを愉しめばよいということである


などということは 川で釣りをする人にとっては常識か

で 今回も 確認に来ているのはそのルールについて

漁協で職員の方に
「遊漁の方法について確認したいんですけど」
と声をかけると 気さくに説明してくれる


20170411918.jpg
「ちょっと古いけど内容はほとんど変わってないから」
といただいた 遊漁のしおり

 2017041921.jpg
今回の主訴は赤線の部分

まとめてみると

①自分が愉しませてもらっているオイカワの釣りについて
毛鉤で釣っていい期間は9/1~となっているが
そこで言う毛鉤(けばり)とはフライフィッシングを含んでいるのか?
毛鉤の定義を確認させてほしい

②友釣り専用区が鮎の遊漁期間中設定されるが 
そこでは友釣り以外の釣りそのものをしてはいけないのか?

の2点である

①の回答
オイカワウグイの毛鉤釣りを禁止しているのは鮎が釣れてしまうから
ウグイは4月のみ資源保護のため一切の漁獲を禁止
・古い規則なのでフライオイカワを釣ることが想定されていない
 オイカワの毛鉤釣りとは複数の毛鉤がついた仕掛けを流す漁法を想定している
 そういう釣り方は規定に準拠して規制対象としている
・最近 オイカワフライで釣っている人が増えたことは認識しているが
 そういう人たちは鮎を狙っていなのがわかっているので黙認している
 (そういう人って私たちのこと???増えたって...その多くの人は私の顔見知り...)

といったことで
「毛鉤一本のフライフィッシングのスタイルで
鮎を釣ってしまうような釣りをしなければ漁協としては干渉しない」
と解釈してよいか?とたずねると 
「うまく愉しんでください」 
とのことだった
微妙なニュアンスを含んでいる シロに近いグレー的回答ではあるが
以前にうかがった時もほぼ同様の回答を受けているので
この漁協管轄におけるオイカワフライフィッシングは成立することと結論する
※漁協内でも職員による微妙な認識の違いはあるかもしれない
 せっかく 現状では干渉しない方針でいることを確認できているのだから
 無用なトラブルとならないよう真摯に釣りを愉しみたい

②の回答
友釣り専用区とは鮎を釣るにあたって友釣り以外の方法を用いてはならない
という設定なので 鮎以外の魚を釣ることに関しては先の①に準拠すれば問題ない
ただし 友釣り専用区では鮎釣りを優先して考えてくれるとたすかる
トラブルがおきるといろいろ規制をしなければいけなくなる可能性もあるので...


と まぁ こういった回答を得ることができた

話をしてくれた職員の方いわく 
「遊漁規則も新しい釣りのスタイルにあわせて変えていかないとなぁ」
とのこと

ハスカワムツなど 
マス類とはちがうフライフィッシング
ターゲットが存在するこの漁協管轄河川

そやつらの存在など認識される前に制定された遊漁方法が
見直しを受けずに継承されてきた遊漁規則
早期に 現状に則した遊漁規則になって 
自分のような愉しみが 
誰の目にも明らかな適合を示したものになってくれることを望む


最後に
本件は自分が通っている山梨県内の一漁協の管轄する河川についてのみの確認である
ほかの地域や他の漁協では考え方の違う可能性が高いので
同様趣向の楽しみをお持ちの方は 
自身の行かれるフィールドの管轄漁協へ自身の責任で確認をお願いする




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 未分類

 オイカワ フライ Fly Zacco カワムツ ハス ウグイ フライフィッシング

6 Comments

すととん  

こんにちは、初めまして。
いつも楽しく拝見させていただいてます。

自分もここで去年オイカワ釣りを始めて気になってました。
どうやら今年もできそうでよかったです。
ですが念のためドロッパーはつけないほうがよさそうですね。

2017/04/21 (Fri) 19:53 | REPLY |   

matt  

Re: タイトルなし

すととんさん

コメントありがとうございます。
規則の確認はしておかないと、せっかく愉しい釣りにきてつまらないことでもめたくないですから(笑)
なので おっしゃるようにドロッパーはやめておいたほうが賢明かと思います。

ところで
違っていたらすみません。
先月 川で声を掛けさせていただいた方でしょうか?
先日(19日)も川にいらっしゃった?





2017/04/21 (Fri) 20:12 | REPLY |   

すととん  

はい、たぶん自分だと思い鱒。
19日もあそこへ寄りました~。

2017/04/21 (Fri) 21:50 | REPLY |   

matt  

Re: タイトルなし

すととんさん

認識しました。
次回お会いした時には声掛けさせていただきます(^^ゞ
あのあたりでオイカワ釣ってるフライマンはだいたい顔見知りですのでコンタクトしてみてください。

2017/04/21 (Fri) 22:59 | REPLY |   

Green Cherokee  

mattさん、再び、こんにちは。
遊漁規則の再確認、そして、その内容のアップ、本当にありがとうございます。お蔭様でとても参考になりますし、何より今年も安心して釣りを愉しむことができます!!
毎度思うことですが、マナーの良い釣人が一生懸命Webを使って調べても、なかなか真の情報に辿りつかない・・・ということです。漁協側も、ホームページや立て看板等でもっと情報を提示した方が良いことを認識しつつも、人手不足等でなかなか対応ができないのかもしれませんね。
そのあたりを補えるのが、釣人の間の情報ネットワークだと思います。『毛鉤=フライ』ではないことは遊漁規則から読み取ることは100%不可能で、mattさんのように自ら行動を起こした方の情報が真の宝になりますね!! これで誤解が解ける方も少なくないのではと思います。
改めまして、素晴らしい情報提供、本当にありがとうございました!!

2017/04/22 (Sat) 16:06 | REPLY |   

matt  

Re: タイトルなし

Green Cherokee さん

漁協にもいろいろ事情があるようです(笑)
何せホームページ立ち上げてもfacebookなんかやってみても続かないところが多いですし...

更新するのは鮎とマスの情報くらいで 雑魚は雑魚扱いです

規則自体もほんとふるーいモノの使い回しですからね。
文中にも書きましたが オイカワをフライで釣ることが想定されていない時代のものが未だに運用されているんですよ。

漁協も若返りの体制などが必要なんでしょうね。

たて看板の件 漁協の人が倉庫にあったものを見せてくれました。
それは穴をあけられたり 落書きされたりで立て看板としての機能を失ったものでした。
看板立てても悪戯されてしまうと嘆いてました。

あれじゃ 看板立てる気にならないも仕方ないと思います。
まぁ こうやって足を運んで 愉しい釣りができるようにしないといけないのかなぁ。

あと、メールや電話での問い合わせより 漁協に直接行って話しをきいたほうがいいように思います。
細かいニュアンスなどもその場で確認取れますしね。

2017/04/22 (Sat) 19:18 | REPLY |   

Leave a comment