愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

幽寂閑雅を求めて  そして 一日遊んでしまう...

前回より30分早く家を出た
向うはいつもの川

ぎりぎり深夜割引の適用を受ける時間だったので高速に飛び乗り
201705021.jpg   
夜の帳が上がりはじめる時間に高速をおりた

こんな早くに来たところで
釣果に結びつかないであろうことは十分承知しているが
やはり 朝の時間が好きなのだ


川辺にバイクを停めると
   201705022.jpg
あっという間に朝露でくもる愛機のスクリーン

釣り仕度を整え

「あぁ これだ!」
201705023.jpg
昇る太陽の中
金色に照らされる川面
幽寂閑雅な わずかな時間に身をおき
 ひっそりとロッドをふる気持ちのよさ
なんとも優雅な時間よ.....




などと風流きどって悦に浸っていたが  ハッと我に返る

「ん?ぜんぜん魚の気配がない???」
魚たちは無反応を決め込んでいる?
いや 今日はここにいない??

今朝は この場所に始めて釣りに来るというマス系狙いのS川氏と現地合流し
ともに 川に浸かっていた

水温は13℃をわずかに切るような状況
前回きた時より若干温かい

少し期待を込めて川に出たのだが
せっかくの風流を感じる時間もつかの間 
釣れない現実は否応なく現実へ引き戻してくれる

あっという間に明るくなり
 201705024.jpg
釣りはじめて 小1時間経ったころ

やっと 今日初のオイカワと対面
201705028.jpg16cmに届かない中型ではあったが
まだ朝陽の残る中でのオイカワとの対話

そうこうしているうちに 見慣れた車が河川敷を走っているのが見えた
登場したのは通称“会長”と呼ばれるオイカワマニアなオトコ

彼の車を横目に 同時にプチラッシュにはいる
立て続けにオイカワからの反応でキャッチを追加
しかし カタが小さく すべて12~13に収まってしまう....

そして再び沈黙
 なかなか川に出てこない会長を待っていると
またもプチラッシュ
先ほどと同寸程度の立て続けヒットが続く

その頃 会長からは
「寒いから車中でサンドイッチ食ってる」
とのメール....

 2017050211.jpg
そんな会長は放っておき
数は順調に伸びる が
 いかんせん サイズが小さい....

たまに15cm程度がまじるが
201705025.jpg
一向に大型とは出会えない

時間だけは過ぎてゆく
会長は朝食を終えて対岸に入ったようだ
すると 今度はトッキーさんがやってきた

3人で思い思いの場所を攻めるが
釣果は伸びない

自分も場所を移動し
次に入ったところで16~17強のオイカワを連発で8尾追加
しかし そこもそれで沈黙してしまう

あまり皆が狙わない場所で粘るトッキーさん

「もしかして釣れてるのか?」

と様子を見ていたら ネットに大きめの魚を入れてこちらにやってきた
なんと彼のネットに納まっていたのは ハス!

2017050217.jpg (Photo by 会長)

この場所での今季第一号のハスをトッキーさんが仕留めてきた
その後 二匹目の泥鰌ならぬハスを求めて
そのポイントへ向う
そこでは オイカワの大型もたまっているようで
トッキーさんは調子よくオイカワを追加してゆく

自分もその場所で数尾大型を追加させてもらうが
18cmにとどくオイカワには会えず

 ちょっと写真の趣向を変えて201705027.jpg
モノクロでとってみたりして

夏色の個体はカラーで撮りたいが 
銀色ならこんなトーンもそれなりにかっこよかったり

そして オイカワタチの反応も沈静したのでランチタイムとすることに

 午前はオイカワのみ 夏色拝めず 43尾で終わる


さらにランチの後は うおさんとmihiroさんも合流
彼ら二人はヤマメ狙いに渓に入る前
こちらの様子を見に立ち寄ってくれて
急遽 喫茶を開店

しばし 珈琲ブレイクしながらの談笑
 201705029.jpg(Photo by UO)
ハスの話で 盛り上がる会話

この日 本当は午前で上がるつもりだったのだが
この後 じゅんさんも来るという報もあり
なんか パットしない釣果に居残りを決め
午後の時間も釣りを継続することに


午後ラウンド開始
同時にじゅんさんもやってきて釣り仕度をしているなか

早々にウグイお約束の21cm
2017050210.jpg
コイツは オレンジバンドがなかなかに美しい
しかし まだ追星も出ていないのでこれから産卵に入るのだろう

午後イチで入ったポイントは 反応がよく
その後もウグイ交じりでオイカワも大型がカオをだしてくれる

2017050212.jpg そして キタ!
ストライクから流れの中を走り回りなかなか寄ってこないコイツ
オイカワなら間違いなく18超の手ごたえ
夏色こそ出ていないぴかぴかボディだが重量感は一入

「19ありそうだな...」
一人にやけながら計測すると    

2017050213.jpg
今季最大更新となるオイカワだった
やはり このクラスの手ごたえはしびれる

「帰らなくてよかった....」
大きな満足感に包まれた瞬間だ

気をよくして次を狙うが現実はそう甘くなかった

ルアーマンのS川氏もニジマス2尾をキャッしたものの
他にウグイとニゴイにもてあそばれギブアップ
一足先に戦線を離脱していった


201705026.jpg (Photo by mihiro)
立て続けに大型の手ごたえをくれた場所も沈黙
場所を替え 手を替え品を替え

自分の持てる引き出しは全部開けてみたが......


2017050214.jpg
途方にくれる釣れなさ
たまに反応があっても10cm程度の個体だったり

おまけに夕方にはやむと思っていた風も一向に収まる様子もなく
夕まづめのサクラマス狙いの餌釣り師とルアーマンが
いつにない人数で川に入っており
釣りをする意識をスポイルするには十分すぎるシュチュエーションに

2017050215.jpg
陽もだいぶ傾いた

少し早めだが 川をあがることにした


午後に追加できたのは
オイカワ16尾
ウグイ 3尾

今日のトータルは
オイカワ 59尾
ウグイ  3尾
計62尾

終えてみれば数はそこそこ

しかしあまりにも午後は辛かった
あのトピックスとなる一尾のオイカワと出会えなければ
疲労困憊な日となっていただろう


 2017050216.jpg 
そして 今日も日が暮れる
結局一日遊びたおしてしまった今日
結果 めいっぱい愉しんだことに違いはない


にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

 オイカワ フライ Zacco Fly

0 Comments

Leave a comment