愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

布衣之交

いつもの時間に
いつものところへ

前回濁りがひどかったのが数日続いたようで
今日あたりは抜けているだろう予想で
出かけてきた

支度を終えたたころ
ここの常連であるすととんさんにお会いして
挨拶を交わし

20170729 (12)
明け方 一番のりで川に立つ

今日は鮎師がいない
川の様子が悪くて 出てこないのか?
理由は定かではないが 土曜の朝とは思えない静寂

ゴンさん THさん Oさん Sさんが来るという話は聞いている

THさん Oさん Sさんは9時頃とのこと
ゴンさんは時間は聞いていなかったが

来た時のために 上流のポイントは触らず
下流側から入ることにした
20170729 (14)
夜が明ける

明るくなって まだ濁りが抜けていないことに気づくが
濁り方はいい感じ
釣れることを予感させる濁り加減に テンションは上がる

この日 一投目 一発目にきたのはウグイ25cm
20170729 (13) 
ハスか?と思ったが
すぐにソレと確信するファイトで

その後は オイカワが釣れる釣れる
20170729 (15) 
11~13cmのサイズだが
いるだろうと予測できるところでは
ことごとく釣れてくる

まもなく ゴンさん登場
今日は奇跡的に鮎師が誰もいない状況
ゴンさんは上流のポイントに無事入れたようだ

こうして しばらく 距離をとって釣ることに

そして
20170729 (16)
ハスメス
少々小ぶりな24cm

銀色オイカワが釣れ続け
間にハスメスを3尾追加

そして 久々の極夏オイカワ 16cm
20170729 (1)このサイズ この発色とはご無沙汰な...
今日はコイツと会うのが最優先事項
18cmクラスがまだいることを信じてキャストを続ける


自分より下流域に人影
しかも フライフィッシャーのようだ
このフィールドの常連はほぼ?顔見知り

会った事のない人?と思っていたが
近づくにつれ
下流側の釣り人は 知っている人のような気がしてきた

20170729 (17)  
それもそのはず わが愛竿
雑魚専用特別誂を作ってくれるビルダー
BlueHeronさんではないか....

お客さんであるK氏(ここは初)を案内して
やってきたとのこと

K氏ともご挨拶させていただき
BlueHeronRodのユーザーなゴンさんも合流し
歓談したりと 思いがけない遭遇を愉しんだ

その後 最上流側の様子をみに行く
濁りも抜けて いい感じなのだが
何せ ハスの数がめっきり減っていた

多くの個体が繁殖行動を終えたのだろう
もう 確実に終盤戦の様相になっている

THさんのチームが来ると
ここに入るだろうから
深追いせずに下流へ戻る

しかし 今日
本当に鮎師の姿がない

それに目をつけたゴンさんは
日頃 鮎師がいて入れない場所を攻めに入る
さすが 目ざとい

この後BlueHeronさんとKさんは一足早く川あがり

自分は オイカワの反応のよかった下流ポイントへ

そして 今日 珍しいことがもう一つ
ここまでハスを5尾かけて5キャッチなのだが
すべてメス
圧倒的にオスのほうが多いはずなのに...
ハスという魚 どうもこういう日がある
今日はそういう日のようだ
そうなってくると 
むしょうにオスの顔がみたくなる

が 相変わらず小ぶりのオイカワの反応はよい

20170729 (4) 
混じる夏色
コイツは少しいろ薄め 
しかしこれから繁殖活動に入るのだろう
15cm程度だが 疲れを感じさせない
ハリのあるボディだ

そして 6尾目のハス
20170729 (3) 
またもメス....
なぜ メスばかり
ほんと メスの日なのか...


そこに混じった極夏
20170729 (7)
いい色

 20170729 (5)  
「デカい!」と思ったが
それでも17㎝ちょっとだった
18㎝超えかと思う久しぶりの手応えだったが
少し感覚が鈍っているようで...

この後 本日待望のオスハスがストライク
そこそこのサイズだが 流れの中でかかったので
寄せるのに手こずる

充分時間をかけて寄せネットを準備
いざ ネットへ

「やっちまった....」
オイカワメインで組み立てていた今日の釣り
主に使うは18番のフック
オスの固い口のきわどいところにかかっていた
それがネットのフレームにあたってしまい
痛恨のバラシに

やはり18番のフックではバラシ率があがる
フックをオスハス狙いに14番のフックにチェンジ

すると オイカワの反応もなくなり
何も手応えのこないソレを
振り続けるのも辛く
再度 今日具合のいい18番に戻す
すると
オイカワの反応が戻ってくる
中には
20170729 (8)
夏色 16.5㎝が

そして オスハス 2尾目
コイツは流芯から引き出す前にフックアウト....

その後 
20170729 (9)
オイカワの反応を愉しみ


そして3度目の正直

オスハスがストライク
しかし コイツも取り込み直前でフックアウト
これはゴンさんにも見られていた....

これで もう あきらめがついた

今日の釣りはここまで  
散らばっていた皆さんと合流

20170729 (10) 
ゴンさん THさん Oさん

そして自分は一足早く川あがり
 20170729 (11)(Photo by TH)
脱ぎ散らかしているところをTHさんに撮られた
横にいるのはSさん

みなさんは 午後の部へ突入ということで


リザルト 
 ハス メスのみ 6尾
 ウグイ     9尾
 オイカワ   50尾以上(50尾からカウント面倒になった...)

今日は内容としては悪くない
オイカワのカタこそ出ないが
満足度は高く愉しめた
ゴンの釣果は自分を上回る
さすがの手練である

オイカワ 秋のパターンへ移行しつつある
もう 夏色の乱舞するハイシーズンといえる時期は
終わったといっても過言ではない

ここからは 例年のように
いつまで夏色釣れるかチャレンジへ

 

にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

 オイカワ フライ Zacco Fly ハス マジェスティS

0 Comments

Leave a comment