FC2ブログ

愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

Racing Rotary Fan Meeting(R.R.F.M) in FSW

マツダロータリーエンジン50周年
富士スピードウェイFSW)で開催されたRacing Rotary Fan Meeting(R.R.F.M)
にいってきた

新しくなったFSW
といっても2005年のことだが
現在のこのFSWのメインコースに入るのは初めて

パドックチケットと
ロータリーエンジン搭載車のみで
メインコースをパレードランする参加がセットになって4000円也
のチケットを事前購入を経て今日を迎えた

201709241 (1) 
(8時 到着 とりあえず ゲート前で)

天気予報は曇り
現地についても山々は雲に覆われ
雨が降ってこないか?危ぶまれる感じである
201709241 (2)
パレードランに参加する車列に案内されて駐車
すでにお早い方々が
でも自分も十分早いほうか
オープニングセレモニーは10時から
ずいぶんと間のある一日になりそうだ

FDの車列先頭の方は 遠路遙々自走で昨夜到着とのこと
気合の入り方が違う....

時間はあるのでふらふらと
20170924 (29)
ロータリー乗り方々と軽い談笑をまじえながら
会話してみてわかるのは 
ほぼみな 自分の車が最高だとおもっているらしいこと
マニア至極である

パドックあたりを見に行くと
 20170924 (24)    20170924 (23)
往年のレーシングロータリーの数々
ちょっと 興奮する

そして 今日の目玉車両
20170924 (12)
MAZDA757 初の3ローターロータリーエンジンを積んだ 
あまり有名ではないけどレジェンドなモデル
MAZDAのレーシングカーでもっとも有名なのは4ローターの787だろう
これはその前身にあたるモデルだ

むかし これのミニカーを持っていた
白に水色のカラーリングが当時とても気に入っていて 一際記憶にある車両である

この個体は30年も国外にあり最初で最後かもしれない帰国らしい
それを今回FSWで走らせるのが今日のイベントの目玉なのだ

  20170924 (22)    20170924 (21)
カウルが外され どうぞご自由にご覧ください状態でパドックに鎮座していた
そのあまりにラフな感じに 「近寄っていいの?」と戸惑うくらい
これはオーナーの来場者のモラルを信じる心意気なのだろう

極至近距離で
レーシングカーのもつ機能美
走ることだけに煮詰められたディメンションと
機能の集約されたコックピットレイアウトに魅入る

博物館級の代物であるこの車両が
レストアを受けて 実走状態にあるということに価値がある

「いくらするんだろ?」はやはり頭をよぎる
が 無粋な思考はしまいこんだ

名車たちに見惚れながら
さんざんパドックをうろつき

MX-5のレースをやっているのでしばし観戦
201709241 (3) 
パドック上のギャラリースペースには誰もいない....
大きなレースではないので閑散としている

それからもイベント会場やらパドックやら駐車場やらを徘徊 

20170924 (4)     20170924 (1) 
駐車場には 歴代ロータリー搭載車
何度も駐車場に戻ってきては 眺めていられるのは愉悦

20170924 (25) オープニングイベント開始 
赤いジャケットは“ミスター ル・マン” の異名を持つ寺田陽次郎
彼は もう70歳らしい 
さすがエネルギッシュな男 年齢を感じさせない佇まい

そして
イベント会場に引っ張り出されたレーシングロータリーの面々
20170924 (26)     20170924 (27)

20170924 (7)   20170924 (6)
SA22Cのルーフには これまたレジェンドなドライバーの名がひかる


ステージイベントの合間にはMX-5のレースを観戦したり
20170924 (5) 写真に写っている少年?(高校1年生だが少年か??)
今回ここにくるにあたり
自分のFDのパッセンジャーシートに乗ってきた
自分の幼馴染の息子だ

ロータリーエンジンが好きで
今日のイベントのことを話したら
「行きたい!」というので連れてきたのだ

免許を取るまであと2年 
どうも うちのFDを狙っている?ような
将来が期待?できる少年である


午後になり
20170924 (8)
レジェンドな人たちのトークショーが始まる
写真着座左から小早川氏 現757オーナーのエディ氏 ミスタール・マン寺田氏 松浦氏
さすが 小早川氏と寺田氏はなかなかの饒舌ではある

そんなトークショー
まぁ なんだかんだでグダグダと聞いていた

曇りの予報だった今日だが いつの間にか 晴れ間が広がってきた
20170924 (2)
パレードラン駐車場も参加者はほぼそろったよう
パレードランは17時すぎから 
「ん?その時間 もう 暗くないか?」
いまさらそんなことに気づくが...
まぁ どうにかなるのだろう
本当は コース内を明るいうちに走りたかったが...

そして お待ちかねの
20170924 (9)    20170924 (13)
レーシングロータリーのデモランが始まる

20170924 (11)    20170924 (14) 
聞いたことのある方ならわかる
ロピットロードからメインストレートを駆け抜ける車たちを観覧
ロータリージャンキーにはたまらない快音が響きわたるータリーサウンドが奏でられる

そんな中 757の音は一際デカイような気がした

あっという間に数周(5周くらいだったかな??)のデモランも終わり757がパドックへ

20170924 (15)
757が国内を走ることはもうないのかもしれない
という事前のアナウンスに 感慨深くその姿を眺めた


そして あとはパレードランを待つだけ
20170924 (3) 時間はたっぷりすぎる
みな 思い思いの時間を愛車とすごしているよう

この時間にFSW内をレースを見ながら散歩したり


そして 夕方 パレードランが始まる


初めて走るFSWのレーシングコース
20170924 (16)
フリー走行ではないので 隊列を作ってまずは1周

メインストレートで記念撮影用のための車列を作る順番待ちをして
 20170924 (17)
前も後ろもFD

メインストレートに駐車
20170924 (19)
みな思い思いに愛車の撮影会がはじまる
 20170924 (18)
メインストレート上に4列並びで車列をつくる
壮観である

そして記念撮影
21766585_1830040337025920_8269044073942662063_n.jpg 
(R.R.F.M facebookページから引用)

ずいぶん暗い時間に撮ったはずだが
うまく補正されていて 暗さは感じない写真になっている
自分は後ろのほうにいたので
何処にいるか確認できないが...


記念撮影を終えて各々愛車のもとへ戻る参加者
この暗さだ
 20170924 (20)
そして そのままコースを1周して流れ解散となった

なんとなく だらだらと
長い一日を過ごしたこの日

ぶっちゃけ
 
コンパクトなイベントでもあり 
誰のためのイベントであるか?といったターゲットが不明瞭で
参加者はなんか ほったらかし的
間延びしたプログラムといい
まぁ757見れるからいいでしょ みたいな感じで
主催者のホスピタリティは薄い

レーシングコース2周のパレランは
FSW名物のロングストレートを走りきることもなく
その前のプログラムがおしたおかげでギャラリーもいない暗い中と

自分的には少々期待はずれな感じだし
盛り上がりはいまいちだったような感は正直否めない...

主催者側のホームページには当然大盛り上がりみたいな...
パレランにいたっては 夜のコースを走れる貴重な機会になったとか....
好意的に考えればそういう見解もありなのだろう

まぁ 往年のロータリーレーシングマシンを観られたし
  それなりに愉しんできたのでよしとする



-追想- 
そういえば富士スピードウェイをFISCOとは呼ばなくなった
経営が富士スピードウェイ株式会社からトヨタに変わってからFSWと略号で呼ばれている

FISCOと呼ばれていた時代 
グラチャンといわれていたレース
後にいろいろな社会問題としてもとり正され 
サーキットの存続問題まで発展していたものである

大学のとき その開催時には多くの観客がFISCOに集まる人気のイベントだった

レースを間近でただで見られる という特典のあった
駐車場・会場の整理誘導警備員のアルバイトに 何度か行った
パドック近くの トイレで用を足しているとき
星野一義氏が隣にきて
「おつかれ!」と声をかけてくれて驚いたことが思い出された...
 


スポンサーサイト

 Automobile

 FD3S FD RX-7 ロータリー マツダ MAZDA 757 FSW 富士スピードウェイ

2 Comments

エムロック  

おっ!! 富士スピードウェイですな(*''▽'')

FDはホントにサーキットが似合う車ですね(^.^)b
天候が変りやすい所ですが、雨が降らずにすんで良かったです。

追想での逸話が星野一義さんの人柄が現れていますね。

また行きたくなりました。



2017/10/02 (Mon) 17:45 | REPLY |   

matt  

Re: タイトルなし

エムロックさん

サーキットが似合うのですが....
私 サーキットを走らせたことがありません
車壊すのが嫌で(笑)

アクセル踏みたいときはジムカーナ場ばかりです....

しかしFSW あらためてコースを走ると広いですね
ストレートは通しで走らせてもらえなかったので、その長さにいまひとつ実感が沸きませんでした
FISCO時代はNA6CEで壮行会を走ったことがありますが、NA6で走ってもおもしろくないサーキットとしか記憶になく(笑)

でも サーキットは やっぱりワクワクします^m^

2017/10/02 (Mon) 18:06 | REPLY |   

Leave a comment