FC2ブログ

愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

前代未聞

秋深まりつつある昨今

今日は天気予報もよく少し気温も上がりそう
ということで 山梨の川へ
Mr.Kと出かけてきた

20170929 (6)
ソロではないので ゆっくりめの川着
すでにmihiroさんが川に入っているとの報がある
川までの道中 彼のなかなか調子のよさげな釣果速報が配信されてきていた

我々が川に着くと同時にmihiroさんは川上がり
釣支度をしているところに彼がやってきて
これから仕事に行くのだという

もう 半袖で川に立つのは寒さを覚える
陽が上がって気温も上昇しつつあるが
ジャケットを羽織り
釣果の様子を参考に 入れ替わりで川に入った

反応は...渋め....
すでにmihiroさんにたたかれた後だからなのか?
いや たぶん 地合を過ぎてしまったのだろう

ポツンポツンと反応はあるし
20170929 (1)     20170929 (3) 
カタも13~14cmくらいに集中している

秋晴れが広がり 
ジャケットを着ているとほんのり汗ばむ陽気となった
20170929 (4) 
そこへ ナシオさんも登場
昼まで釣りをして仕事に行くらしい

mihiroさんといい ナシオさんといい
まったくスキモノである

3人になっていろいろポイントを回るが
20170929 (16)  
どうもパッとしない

20170929 (2)
天気もよく 気持ちのよい釣り日和なのだが
散発的に反応があるだけで なかなか連続ヒットに恵まれず
数も伸びない

昼をすぎナシオさんは撤収の時間
20170927.jpg 
一緒に川を上がり昼飯を食べに行って解散した

そして Mr.Kと二人 川へ舞い戻る


午後 
本流に流れ込む支流
橋の上からのぞいていたら
オイカワいる?」

Mr.Kに
「支流の様子見てきます」と

結果 これが大当たり
20170929 (12)   
14~15㎝の良型が連発
この時期 支流にこのサイズがこんなにたくさんいるとは...

20170929 (8) 
次々とヒットする良型オイカワたち
まだまだ釣れそうなので Mr.kと場所を替り
自分はさらに上流まで確認にゆく

いる場所はセオリー通り
20170929 (13)
〈そこにいるだろ!〉
という場所を流せば応えてくれる明快なパターンにはまる

まさに前代未聞な釣れっぷり
20170929 (18) 
もはや その状況は痛快と表現するに値する
久しぶりの爆釣パターンにはまる


20170929 (9)   
しかも良型ばかり


20170929 (12) 
ついにはこの時期にあまり手にすることがない16㎝が顔を出す
しかしこの時期らしくスリムなボディ
初夏のグラマラスな体型が偲ばれる

だが もう少したつと越冬のため脂がのってきて
もう少し ボディラインがグラマーになるはず


20170929 (5)
陽が傾きだして
少し冷たい風がススキを揺らすようになると
反応の良さはさらにヒートアップ

上流に行くほどカタがよくなる

20170929 (11) 
ついには今日イチとなる17㎝
この時期のこの支流でこのサイズ
未知のゾーンに入った気分だ

陽が山影になったころ
20170929 (10) 
もう このタイミングでライントラブルが出たら
直すことはできないだろう照度な時間
ここにきて反応はピーク
最後の1時間は移動もせず 同じポイントで釣れ続ける
そのペース 時速30尾に迫る勢い
もう 自分の釣りではほぼ限界点だ

こんな好反応はいつぶりだろうか
思わず無心に釣り続けてしまった
あまりにも愉しくて

201709291.jpg 
空に浮かぶ月が眩しく見える時間
朝主体の釣りが続いていたので 
こんな時間まで釣りをしたのも久しぶりだった

午前は4時間強で20尾
午後は4時間弱で71尾

この時期
13~14㎝の数釣りができるのではあるが
今日の釣れっぷりは想定外

実に痛快な釣りを堪能させてもらった

次回もこういう釣りができるのかな?





にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Freshwater Fishing

 オイカワ フライ Zacco Fly フライフィッシング

0 Comments

Leave a comment