FC2ブログ

愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

東京湾 アジ&湾フグ リレー船

さて 今日も 前の職場の釣りクラブイベントに混ぜてもらい
浦安の吉野家さんへ

20180217 (1)
アジフグをリレーで釣る釣りクラブの仕立て船に便乗する
フグ釣りをしてみたい といっていた息子も一緒に連れてきた

アジ釣りは実に久しぶり
ライトビシの釣りということで
自分で釣りに行こうとは思わない釣り方
アジは食べて間違いないのだが
こませを使って釣るのがとにかくイヤで
敬遠している釣りもの

過去にはこの釣りに誘われても行くことはなかったが
アカメフグも狙うというので
ノコノコお誘いに乗ってみた
もちろん アカメフグは自分ではたいして釣れないことは覚悟している
先にアジを釣って とりあえず
お土産になる魚を確保する という算段のよう

いつもの時間 午前7時に出港する
20180217 (12)
午後から風が出てくる予報なので
まずはお土産にするアジを釣りに
横浜沖へ向かう
1時間ほどの船旅

旧江戸川河口で日の出を迎える
20180217 (15) 
朝陽のなかに 夢の国
横浜に着くまで船室で一眠り

船の減速を感じ船室から出ると
20180217 (18) 
横浜沖に到着

振り返れば
 20180217 (17)
何とベイブリッジ至近の釣り場のようだ
周りにもたくさんアジ釣りの船がいる

船長の指示に従い
ポイントに仕掛けを投入して間もなく
アジが釣れてくる
話では20㎝前後とのこと
最初の一尾は23㎝とまずまず
20180217 (21) 
船中 何処かしらで釣れているような感じの釣り
初めてアジ釣りをする息子もちゃくちゃくとかける
20180217 (20)
しかし アジ やはり口が弱いので 雑な取り込みをすると
船べりでポロッと海へ帰ってしまうこと多数で
この釣りに慣れていない我々は以外に数がのびなかったりする
が 全部とっていたら 
あっという間にさばくのがかったるくなるほど釣れてしまいそう

ポツポツとイシモチが混じるので
20180217 (2) 
アジがツ抜けたところでイシモチ狙いに

適当に愉しみながら釣ること約2時間
20180217 (3)
息子とあわせてアジも20尾を超え
イシモチも10尾
もう お土産は十分そろった

というところで
オタノシミのアカメフグ狙いに
20180217 (4) 
水深10m位の浅いところを集中的に狙っていく

20180217 (19) 
湾フグというジャンルのフグ用仕掛け
10号の錘を使うライトなカットウ仕掛けだ
なんとなく これの使い方もわかってきたような?
でも なんともセンスがないらしく釣れないのだが
アカメフグ食べたさに 必死に釣る

周りがポツポツ釣る中
30㎝程の良型をとって一安心
息子は苦戦中

そして ひときわの手応えが!
「なんか 頭ふってるんだけど???」
サメ?という言葉が頭をよぎる
20180217 (7) 
で 案の定 サメが登場
種類はホシザメ
もしかしたら 釣ったのは初めてかも?
と思いながら 食用にキープ

2尾目のアカメフグをGET!
20180217 (6) 
2尾のカタ揃い
これで 刺身のネタはキープすることができた
息子もやっと一尾かけて

もう一尾追加を目論むが
このころには風が強くなり
なかなかあたりをとるのも大変な状況に
20180217 (8) 
といっている矢先に今度はドチザメ
先のホシザメとならべて記念撮影

さらにはアカエイもヒット
東京湾 軟骨魚類ハットトリックを達成する
アカエイも食用に持ち帰ろうとするが
船の上乗りさんが船にあげるのを嫌がるので
そのまま取り込まず針を外してリリースした


と あっという間の沖あがり時間に
20180217 (5) 
船の後をついてくるウミネコを見ながら海上帰路に着いた
船室でウトウトしていると
気付いたら夢の国横までもどってきており
今日の釣りは幕引きとなる

もう少し フグも釣れるとよいのだが
もっと練習しないとダメなようで
まぁ 息子と合わせて3尾なので
刺身で喰うには適量ではある
たくさん釣れたら 唐揚げにしたり鍋にしたりと妄想していたのだが.....

20180217 (9) 
 船をつける土手には河津桜
朝は暗くて気づかなかったが
そんな桜に少々癒されてみたり

今日も誘ってくれた幹事さん
すでに退職したが釣りクラブのイベントに顔を出す
元上司にあいさつし
またの再会を約束し 船宿を後にした

陸上帰路は息子の運転で
20180217 (10)
少々ウトウトしてみたりで無事帰宅

息子と二人
20180217 (11)
今日の釣果をさばく

今夜は酒がまわりそうなので
控えることにし
今夜分はアジは刺身を少し用意
残りはフライ用と塩焼き用に下拵えをして冷蔵庫行き

そして 今夜のおかずは
20180217 (13) 20180217 (14)
サメの刺身と唐揚げを
ホシザメとドチザメの食べ比べ
刺身はホシザメのほうがうまいかな?という感じ
おろした身では見た目はわからないが
ドチのほうが身が固くホシのほうがもっちり感が強い
唐揚げはそれぞれの食感で甲乙つけがたい
サメはアンモニア臭い とか評されるが
それの多くは水揚げ後の処理の問題
鮮度の良いうちにきちんと下拵えすれば臭みはほとんど感じない
むしろ味としてはたんぱくすぎるくらい

明日 明後日と ねかして味が変わるか確かめてみることにする

そして メインのアカメフグ
今回は5日ねかしてから食してみることにするので
今日は冷蔵庫へ直行とした
さぁ 後日が愉しみだ




にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Saltwater Fishing

 フグ カットウ アカメフグ ヒガンフグ 湾フグ アジ イシモチ 横浜沖 ベイブリッジ 吉野家

0 Comments

Leave a comment