愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

狂いまくる予定 結局 川に浸かっている

11/6 金曜日
 今日は久しぶりに 息子と平日休みがかぶっていた

前日

「釣りいく? それとも、練習行く?」
 
  なんて話をして

「あ、そうだ ガンダムやってる 公開期間中に一緒に行ける日ないなぁ」
 
 で、3月と同じコース
  AM浅間台スポーツランド
  PM映画館
   の組み合わせで行動することに
  5:30起床 6:00までに出発の予定で前日は床についた

朝 おきてリビングで珈琲飲んでいると
 寝起きの悪い息子が早々に起きてきた
「はやいな」
 「やべぇ すげーのどいてぇ」
  「まじか どうする?」
   沈黙 シンキング タイム

 「せっかくだし行くわ」

 うがい薬とのど飴もって おおよそ予定時間で出発!
 ゆっくりめの出発なので行きは全線高速使用として

6:15 八王子IC
 このあと 悲劇を迎えることになるとは....

国立ICまでさしかかる前 高速にのって早々に 前走車がハザードランプ

「まさか?ここから?もう渋滞なのか?この時間に?....」

12191017_858098564310161_2061917785740022211_n.jpg

 何キロ渋滞してるかもわからずに渋滞にはまる
  時間は刻々と過ぎるが走行距離はススマナイ

7:40 府中競馬場前をやっと通過...
この時点で今日の予定が狂ったことを考えざるを得ない
 その後もずっと渋滞にはまり続けるが
  それでも「9:30に浅間台につけばいいかな」とまだまだ楽観

しかし、都内の通過は甘くはなかった
 首都高C2の方が空いているような案内にまわってみたが
  渋滞が渋滞を生む魔のスパイラルに陥り 10:00到着も考えられなくなり
予定を大変更
「ここから日本橋の映画館に行けば9:30の公開に間に合うな!」

急遽、高速を降りて日本橋へ
IMG_20150303_151137.jpg

9:30ちょうどに映画館のチケット売場に滑り込み
コマーシャルが流れている間に席につくことができた
 「ここはうまくいった」

映画見終わって午後の予定の確認
 「いまから軽くランチをとって出れば
  浅間台の午後走行枠には間に合うな」

「なんか熱っぽい...」
 「まじか...」
「昼飯食って帰るか...」


13:30帰宅
 総合感冒薬飲ませた息子を家に残し 

  狂いまくった予定を修正するため?に散歩に出ることにする
RIMG2916.jpg

向かう先は....
RIMG2970.jpg

結局のところ コレ
 一番 今の自分らしい 
  ト、思える時間のすごし方に

それにしても今日は暖かい
 川について
  14:00の気温24℃
       水温16℃

 いつもよりさらに下流側
  福生からの川入 
    この時間でもオイカワたちの活性はいい 
   小気味いい手応えの連続が
   延々と渋滞を走り続け
消沈してしまった気分をリセットしてくれる

RIMG2945.jpg
 いい魚体 
  なかなかのグラマー
 
 総じてカタがよい
 前回は行方不明だった14cmクラスが
  ポツポツ混じる
RIMG2952.jpg
 そして、久しぶりの15cm 
  ちょっとドキドキできる

RIMG2958.jpg
 最近、多摩川では見かけなくなった?カワムツ
  水温が下がって瀬にいなくなったのか...?
   理由は はっきりしないが ここ数年では経験したことのパターン
  オイカワがこんなに釣れるのも5・6年ぶりか?

RIMG2988.jpg
 どこのポイントでも反応はいい
ためしにいつもはまったくやらないエリア
   写真の橋の下流までを釣り下った

こちらでも反応はあるが、オイカワが小さい
 釣れてくるは10cm前後ばかり

RIMG2980.jpg

陽の傾きに反応するかのように
 飛び交う虫が増えてくる
プールではライズリングが増えてきた

「また、ドライフライに替えてみるか」

着水と同時に反応してくるが
 今ライズしているのは小さいやつばかり
  このサイズをあえて釣る必要もない
 #18のドライを投げ続ける

数投に1回 ソレをくわえてくれるオイカワが相手にしてくれる
だが ここにもカワムツは不在....

RIMG2999.jpg
陽が沈む
 あたりはものすごい量のメイフライ
それに呼応する雨降りのようなライズリング
 いつまでも釣れ続けるが
  もう フライが見えなくなった

「さて、あがるか」

 
そして、明日も午前中は時間がある 
 「また、散歩だな...」


翌朝 8:00
 仕事行きのアラームで目覚め
そのまま川へ

「今日は上流側へいこう」

RIMG3007.jpg

気温 20℃
水温 15.5℃
 川には先客が4人
  まだ鮎を狙っている
  そのつりは 引っ掛け

あの辺り カワムツの好ポイントなのだが...

その上流側の瀬に入る

ドライで流しはじめ 反応あり
 一尾目から

RIMG3011.jpg
14cmの魚体が踊る

幸先いい
 しかし その後は....

今年は下流域のほうが圧倒的に調子がいいようだ
 去年の同時期にはこっちの方だったのに

 川の流れも変わったし、いろいろ変化があって楽しめる ということにしておこう

RIMG3035.jpg
ご無沙汰なウグイ登場
 大きくなかったけど

RIMG3018.jpg
いいのはいくつか混じったが
 昨日ほどではない
  
ポイントだけの問題でもないだろうし
 きっとこのまま 釣れる釣れないを繰り返し 秋の深まりとともに終焉を迎える

RIMG3036.jpg
                                  玉川上水 
 
条件がよければまだ釣れる

 釣れなくなるまでは足を運ぶことだろう

さぁ 
 カウントダウンの始まりだ




 

  




 







スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

0 Comments

Leave a comment