FC2ブログ

愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

〈山梨桜名所めぐり2018〉はSKYWAVEでソロツーリング

桜開花の早かったところはすでに葉桜となりつつある今日
天気予報ではこの春の最高気温を更新するかのような話が聞こえていた


地元にも桜の有名見所はあるのだが
自分的には桜並木より 一本桜 に心惹かれる傾向がある

そんな自分が毎年たのしみにしているのが
山梨県北杜市の実相寺にある山高神代桜
その桜とあわせてわざわざ観に行きたいと思う韮崎市のわに塚の桜

このブログの4月恒例となったこれらの観桜ネタ

家族のだれかと行く のがデフォルトだったが
今年は見頃のタイミングと家族の予定が合わなかったり
妻は重度?の花粉症に悩まされ 花 という言葉を聞くのが辛いような状況

ということで ソロでの観桜となり
ならば 今日の天気予報を聞いて
バイクに乗らない手はない

で ソロツーリングで気ままに走ることにした
気ままなので時間も自由 ルートも自由

奥多摩から甲府に抜けるルートを選択し
途中にあるこれまで行く機会がなかった甲州市の慈雲寺イトザクラをプラスすることに 

出発の時間も何の気兼ねもないので
6~7時ころ出かけようか?くらいのつもりで前日眠りについたが
5:45に目が覚めたのをいいことに
そのままSKYWAVEに火を入れた

朝6時で 気温は14℃くらい
まずは奥多摩湖へ
20180404 (40) 
交通量の少ない時間なので快走な平日の早朝
奥多摩湖ではちょうど桜が満開だった

国道411号をその最高地点である柳沢峠(標高1472m)へ向けて駆け上がる
20180404 (8)
トップが近づくにつれ
どんどん下がる気温
道路標示では7℃
(SKYWAVEのメーターに仕込まれている外気温計は11℃
このバイクに乗りはじめてから どうも気になっている気温のずれ
3~5℃くらい高く表示されてしまうのはご愛嬌
センサーの設置位置が悪いんだろうな スズキさん) 

そして ついには
20180404 (7)  
道路わきには雪が目立つようになり

20180404 (6) 
柳沢峠 トップへ到着
この時期 空気の澄み感が気になるが
案の定 抜けていない....

遠くに富士山を見ることができるこの場所だが
うっすらと
20180404 (17)
カスミの向こうに浮かぶ富士山
とりあえず拝めた という感じであるが

柳沢峠から甲州市市街への下りは
ここ10年くらいの間に一気に道路整備が進み
幅員が狭く路面の荒れた状態から ずいぶんと快適な道路になった
まだ 随所で道路改修工事が進んでいるので
今後はさらに快適になることだろう

そんな気持ちよく走れる道路
SKYWAVEでは左コーナーでスタンドが設置してしまうこと数度
どのくらいのコーナリングができるのか
だいぶ感覚がつかめてきた

20180404 (9) 
下ってくると 桃源郷の様相
桜と桃の競演を愉しめる貴重なタイミングを堪能

20180404 (28) 
そして 慈雲寺
観桜時期には
駐輪料金100円
普通車は300円の料金徴収がある
すでに数十人の見物客が先着していた

2日前に満開になり
今日気温が上がればいつ散りだしてもおかしくない
とは 駐車場整理の方の言葉
「今日は最高の日だよ!」
この一言に 駐車料金を払うのも心地よい

さて 実見
よく写真で見ていたイトザクラ
20180404 (36) 
これは 評判通り スバラシイ枝振り
朝の柔らかな光に包まれる桜にしばしみとれてみる

20180404 (5) イトザクラの通称にたがわぬ
無数に垂れる花をつけた枝
下からみると 桜の天蓋のようだ
この寺には 樋口一葉の歌碑があったりもするのだが
境内をぐるっと回ってもそんなに時間のかかるところではない

そして次なる目的地
甲府市内を抜け わに塚の桜 を目指す

特に渋滞にもかからずここまでも快走

年々観光客の増えるこのワニ塚周り 駐車場整備がどんどん進んでいる
20180404 (37) 
バイクは 農道の隅に誘導される
上の写真 中央上側にあるのがわに塚の桜
畑の中にある わに塚 という場所にたたずむ一本桜
この枝振りはわざわざ観たいと思わせる何かが...

20180404 (38)
毎年写真に収める構図
この丸くボリューム感ある一本桜はいつみても見事
背景の空の蒼が抜けていないのがいまいち

わに塚イチの撮影スポット
時間をおいて 空の蒼がキレイに見えるようになってきたところで
20180404 (39)
右下に雪を頂く北アルプスをおさめることができるのだが
まだカスミがあってよく見えない
ちなみに 去年は良く見えたのだが
これ以上まっても状況が変わらなそうなので

本日3本目の大本命の桜の木へ
20180404 (10) 
途中の広域農道は信号もなく快適
陽気もよく極楽この上ない

20180404 (41) は
橋の上で 甲斐駒ケ岳を望めるところでちょっと停車

『アツイ....』
まだ 11時前なのに すでに汗ばむ
 
そして 実相寺 へ到着
20180404 (42) 
予想通りの大混雑!!!!

駐車場も寺に近いところは軒並み満車

「混んでるねぇ」といいながら
昨日 テレビで満開との放映があったような話をしている人多数

バイクできてよかった

そして ここに着いたころにはカスミも抜けてきた感じで
20180404 (15) 
空の蒼と桜の色がよい感じ

そして これも毎年お決まりの構図
20180404 (45) 
去年は建物が工事の為ブルーシートに覆われていたのだが
今年はそれもなく画としてはGOOD
甲斐駒ケ岳の雪がもう少し合ったほうが
さらに美しさを際立たせるのが残念ではある

実相寺境内 あれだけ駐車場が混雑しているのだから
当然の事ながら人があふれている
20180404 (43)
さらに NHKが記録映像を撮影中とかで
余計に人の流れが悪く...

まぁ とにかく
20180404 (44)
この桜を見ると なんとも不思議な気持ちになる
今年も この荘厳な桜の満開を拝むことができてなにより
にしても やはり人が多すぎるのはちょっとつらいので早々に退散

次に ここに来るもう一つのたのしみである買い物へ

と その前に あまりの陽気のよさに
あたりをうろうろしてみる

クルマで誰かと来ているときには
こんな気ままな動きはできないが
今日はひたすら自由なのだ

道中にあったキャンプ場に迷い込んでみたり
20180404 (2) 
すばらしいロケーションなのだが
どうも営業していないような?
キャンプサイトにも誰もいない
思わず 芝生で寝ころびたくなるが
誰もいないし 不法侵入といわれても困るので
1カットだけおさえて退散
営業していれば こんなところでのんびりデイキャンプなんてのも
悪くないかも

道端の桜なんぞも愉しみながら
20180404 (11)

20180404 (5) 
再び広域農道を走り

 20180404 (3) 
ここ 神代桜より少し後に開花することが多い
去年はソレにあたっていたのだが
今年は7~8部咲を観ることができた
ただ ここに来るのは桜を観る目的ではなく

ここに寄ること
20180404 (4)
原農園さんのテント

ここの白肌ごぼうを買うのも 
今日の重要missionの一つだったりするわけで

何件か同じように直売をしている農家がテントを出しているのだが
初めて白肌ごぼうを買ったのがここ
そのうまさにやられて以来
年1回の味覚のたのしみとしてここに来るのがルーティンになった

そして 観桜の後のルーティンはまだ続く
20180404 (12) 
道の駅 はくしゅう

桜の時期は 混雑著しい
20180404 (34)
新鮮な野菜を買い求める人々

 自分の目当ては
20180404 (33)
行者にんにく
これも 重要な春の味覚

そして先月も来た山梨銘醸株式会社 七賢の酒蔵
20180404 (31)
今日はお酒の購入を抑え

斜め向かいの金精軒
20180404 (32)
これまた うちのテッパン土産を

大満足な観桜
そしてルーティンの買い物をすませ
午後のmissionを遂行すべく帰路へ
20180404 (14)
高速に乗る前に軽くコンビニ飯を済ませ

勝沼通過中は
20180404 (15)
高速道路の両側に広がる桃の花を堪能し

コーヒーブレイクに
20180404 (16)
談合坂SAへ寄り道

20180404 (30) 
スターバックスのいつものヤツをいただき

そのまま家路につかず
途中で釣りなんぞを
釣り道具などもっていないようにしまえるスクーターはとても便利なのだ

そして 夕方の良い時間に間に合うように釣り場へ
(釣りの様子は別記事に)

あっという間に陽が落ちて納竿
片付けを終え
帰路に着くころには
20180404 (29)
あたりはすっかり夜の帳が....

なかなか充実度の高い一日

快適にワインディングを走り
すばらしい桜をながめ
たのみな食材を仕入れて
釣りでしめる!
というてんこ盛りな愉しさを満喫

本日の走行距離約300キロ
SKYWAVEの燃費は約26㎞/ℓ
計算上 ガソリンタンク内の残量は約1ℓだった

しかし まぁ SKYWAVE 快適である
もっと長距離走りたくなる.....

さて つぎはどこに行こうか?



にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Motorcycle

 SKYWAVE400 七賢 神代桜 わに塚 イトザクラ 慈雲寺 眞原桜並木 金精軒 山梨銘醸株式会社 はくしゅう

0 Comments

Leave a comment