FC2ブログ

愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

曇り 降水確率30% 強風の恐れ な日に 

長野方面の桜も終わりに近づいているので
今日は高遠あたりに出かけようかと思っていた

しかし 伊那周辺の天気予報は降水確率60%
特に午後からの荒天が予報されていた


山梨県東部では終日曇り 
午前中の降水確率が30%
南西の風が午後から強く吹く予報

ツーリングに行って雨に降られるよりいいか?
ということで 風の強くなる前に川に浸かろうプランに変更

6時には山梨の川に到着していた

泣き出しそうな空ではあるが
風もたいしてなく
なにより冷え込んでいない
3日ほどまえに この川に入ったミスターKより
「何らかの工事の影響と思われる濁水が流入しており
釣りにならなかった」的な情報を得ていたので
どうなっているのか心配だった

だが そんな状況も川に着いたら杞憂に終わった

濁りは抜け
むしろ 以前に来た時より透明度がいいくらい
まぁ それでも濁りはあるのだが
水温も14℃あり 期待できる状態


そして 一投目から
20180411 (1) 
小気味いい手応えとともに 14cmほどのオイカワ
その後3連続でヒット

好調な滑り出しを見せる
朝からの爆釣モードな予感にテンションUP!

20180411 (20)
そして 
13~15cmサイズの群れにあたっているようで
 痛快な入れ食いを堪能することに

20180411 (8) 
水中はこのくらいの濁り加減
いい方向に作用しているのか?はわからないが

無心に1時間半ほど釣った
数にして28尾
その頃には 反応も落ちていた
ポイントが荒れたのか?地合が過ぎたのか?

ふと上流側を見ると
水面にたくさんのライズリング
そして オイカワの魚体が水面上に出るくらい
アグレッシブに羽虫を食べている様子が目に入った

ドライフライに替え ライズが出ているあたりを狙う
フライへのアタックは多いが カタが小さい
おおむね10cm前後の魚体がライズしている
#18のフックではフッキング率が悪いものの
小さいフライで小さな個体を釣っるのもなんなので
フックは替えずに釣りとおしたが
それでも 10尾ほどはキャッチした
 
そうこうしている間
今日の情報を釣り仲間に流すと

早速その情報に食いついた人が
ということで 後ほど合流となる予定に

夢中で釣りをしていて気にしていなかったが
いつの間にか晴れている
ソレとともに気温もどんどん上がってきていた
朝のうちから風があって午後には強風
そんな予報が信じられないほど
この時間は穏やかな陽気で

20180411 (17) 
濁りのない流れに移動
こちらではウエットフライをリトリーブすると食ってくる感じ

キャストしてリトリーブしてなので
数が伸びる釣れ方ではないのだが
20180411 (13)
ここぞ!というところでガツンと食ってくる感じが
たまらなくおもしろい

天気予報はなんだったのだろう....
20180411 (16)
雲は少し多いものの
じゅうぶんに 晴れ といってよい天気

20180411 (18) 
もはや 陽射しも暑いくらいに

透明度の高い流れなので写真を
20180411 (14)  
写真にとって見ると
水中の抜け具合がわかる
見た目クリアーでもうっすら濁っているようだ

20180411 (15) 
いいファイトする と思ったら やはりウグイ
20cmだった

とそこへ
20180411 (11) 
T.Hさん登場
「仕事はどうしたのか?」
そこは 大人の事情が介在しているので問題ない
とにかく そのフットワークとソレを支える情熱には脱帽である

TKさんが到着した頃には釣れっぷりも小康状態
朝のポイントに戻ってみると
なぜか濁りがひどくなっている
しかも 水温が4℃近く下がっていた

ここは特殊な環境にあるところ
自然とは関係ないこういう変化が起きることもある場所

ソレにもあいまって
やはり10時すぎたせいか?
この釣り場は毎度このような地合があったりもする

粘っても釣れないので ランチタイム
そして 別の川の様子を観に行った
20180411 (5) 
新緑の芽吹きが始まり
その中に ポツポツとヤマザクラが残っている春の風景

そして河原では
20180411 (4)
春のお楽しみを採集
コレは晩酌のお供に

15時になり
朝のポイントに戻ってきた
そして この頃 川は結構な強風
釣りができないほどではない(人によってはできないというかも)
のだが 突風的に吹く強い風に砂埃が舞い上がるような....
やっと天気予報の本領発揮か

 20180411 (12)(Photo by T.H)
濁りは若干薄くなったような気がして
水温も13℃ちょっとまでは戻っていたので
お構いなしに釣り再開

夕方ラウンド開始!
20180411 (21) 
早速反応アリ
魚が戻ってきたのか?地合なのか?
入れ食いとはならないまでもまずまずの反応が愉しめる
キャスティングにてこずるような風にたびたび襲われながらも
魚の反応があれば釣りをしてしまう変人二人

20180411 (2) (Photo by T.H)
サイズは朝と同じくらい
大型はいないが 小型もいない Ave14cm  

20180411 (19)
オイカワと背景にT.Hさん

20180411 (9) 
夕方は16cmに迫る固体が2尾混じる
なかなかグラマーな重量のある魚体
盛期が待ち遠しい

反応がなくなったなぁ と時計を見ると16:45
この時点で夕方のカウントは18尾
やはり 夕方はこのくらいの時間で地合が終わる
これは前期と同様だった

17:00 そんな話をしながら TKさんと川をあがることにした
今季初の朝から夕方までの通しでの釣り
トータル釣果は
オイカワ 60尾ちょっと
ウグイ  3尾
カワムツ 1尾 となった 


暗くなる前に川を上がったので
帰路 ちょっと寄り道して
20180411 (3) 
桧原村の人里にあるバス停の桜を眺めにいった
レトロなバス停を包むように咲くここは なかなかフォトジェニックで好きな場所で
他にも撮影に来ている人がいたりとちょっとした桜スポットだ

檜原のこのあたりは まだ桜が残っている場所も多く
中にはいままさに見ごろというような木もあり
走りながら景観を愉しみつつ 今頃になって厚くなった雲から逃げるように
家路を急いだ 



にほんブログ村 釣りブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Freshwater Fishing

 フライ オイカワ Zacco Fly マジェスティS フライフィッシング ウグイ カワムツ 人里バス停

0 Comments

Leave a comment