愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

雨予報 初めてのボート シーバス 

初挑戦は千葉港の小峯丸さん

  前から一度はやってみたいと思っていた釣り
  
はるか昔に足を洗ったブラックバスの釣り
  眠っていたそのロッドなどを持ち出して...
   といういい加減なスタイルでの初挑戦

まぁいくつかは釣れるだろう的楽観で
 この釣りに明るい友人に乗合船をアテンドしてもらった

天気予報は雨
千葉港に到着 出船時間になってもまだ雨粒は落ちてきていない

この港は始めての場所
 出船時の風景のそれも もの珍しく
RIMG3087.jpg

ベイエリアらしい様子を眺めながらポイントへ向かう

RIMG3088.jpg


しばらく走って


特にストラクチャーもない沖合いで定位
 どうやら 回遊しているシーバスを狙うようだ

幕張の街が見える 
 
して、船長の「どうぞ~」のアナウンスで はじまり

 慣れてる人たちは手際よく 
  自分のフェバリットなルアーを投げ込んでゆく

自分は?といえば
 何もストラクチャーのないこんな場所で
  どんなルアーセレクトでいっていいのか疑心暗鬼
   とりあえず、むか~しショアシーバスで使ってた
   赤い頭のバイブレーションを投げてみた

早速、船中で数人にヒットがあった
 が こちらは反応なし

 ヒットさせていた方が使っていたカラーのバイブレーションに変更

そして 答えはすぐに出た!

RIMG3089.jpg

 初物は45cm まぁまぁということで
  久しぶりに40cm超える魚を釣った
 「うん、愉しいな」

 船中ではポツポツ方を見ている

しばらくしてアタリが乏しくなったところで移動

移動中に
RIMG3098.jpg

トリヤマ出現

トリヤマの動きを追いながら船のポジションが決まり キャスティング
 トップやミノーでもいけるかと思ったがチェイスなし
  バイブレーションに変えると連続ヒットのお祭りモードへ

今日の釣り
 実はゲームではなく、漁の要素を
シーバス食べる都合があって漁獲がほしかった
 ほかの乗船者は釣ってリリースするだけのゲームフィッシング
  船長に魚がほしい旨を伝えておいたら

同船者が釣った大き目のシーバスを集めてくれた
RIMG3105.jpg

一番大きいのは65cm
 自分も61cmをキャッチして
  あっという間に持参したクーラーは満タンに

トリヤマポイントで数を稼いだので
 大きくポイント移動

アクアラインの海ほたるが見えるあたりの
建造物周りを攻める

ここは完全なストラクチャー付の魚ねらい
 船が離れればキャスティング
 近づけばフリッピング
ブラックバスのような釣り

しかし ここのシーバスはあまり大きくない
そんな中
RIMG3108.jpg

カサゴ登場
しかも メタルジグにヒットするだけあってデカイ
 カサゴ好きの自分には うれしすぎる外道
  しっかりキープ

 「今夜は刺身だ」
 
心の中でつぶやいた

「ん?まだ釣れるんじゃないか?」

シーバスを十分キープしたので
   突如 狙いが変わる

 まんまと同サイズを追加成功
  その後は追加できずにこのポイントを離れた

港に戻る途中
 最後によったポイント
RIMG3121.jpg

だんだん近づいて

雨も落ちてきた
RIMG3123.jpg

なんかのアトラクションのような建造物
 この下をタイトに狙う
アタルが 魚が小さい

 ここで釣れてもあんまり食いたくないも...


これで ボートシーバス初挑戦は終了

帰港した頃には雨粒が大きくなってきた
 天気も もってくれたし
  初挑戦としてはまずまずの釣果

愉しかったな 

でも またやりたいか?といったら微妙

 答えは簡単 まともにやったら釣れすぎる

  シーバス 食べたくなったら またこよう









スポンサーサイト

 Saltwater Fishing

0 Comments

Leave a comment