愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

新年初 オイカワ 釣って?釣らしてもらいました

年明けから異様なまでに暖かい日が続き

「明日は青鹿連れて山を走ろう!」と前日まで考えていたが

 ZFF仲間が埼玉のO川で遊んでいる情報
  
 釣りしたいが...ロッドがない....

とか 考えながら やっぱり川に向かって走っていた


 1月であることを疑うような陽気のなか
  手がかじかむこともなくひた走り  
   青鹿号もご機嫌な感じ

 目的地まで35kmくらい
  途中で渡った川面にはライズリングが見えた

 「今日は釣れるなぁ」

目的のO川に着く前に
 秋に何度か訪れたK川に寄り道

 カワムツやオイカワたちが 無数に泳いでいた浅瀬
  今はその影もまったくない冬の様相

その浅瀬に青鹿号を乗り入れてちょっと遊んでみたり
 暖かくなって ここに銀鱗が帰ってくるのが待ち遠しい
なんて考えつつ K川を後にしO川へ向かう

201601106.jpg


集合場所に到着
201601104.jpg

 バイク3台 車1台
  なんとなく 4人集まり

 この場所はリトルカブの主が足で探した場所
  今時期でも確実にオイカワたちがフライに反応してくれる
   なんとも奇跡的な

若干 汗ばむような暖かさの中 
歓談のあとは

 ZFF
オイカワたちの反応を見つつ
キャッチするを見つつ

あぁ こんな時期にちゃんと釣れるんだなぁ...
今年が暖かいからなのか?この場所だから釣れるのか?
 ここを探しあてた友人も 前年の様子を知らないので
   来年 やってみないとその答えは出ないであろうが
201601102.jpg

 目の前に反応する魚たちがいるのを見れば釣りたくなるのが性

そこに 友人からサッと差し出される フライロッド 

もはや 自主禁漁の縛りに

抗う術なし

201601105.jpg
                       (Photo by GORO.O)

「はい ありがとうございます」

2016初のオイカワ
 自分のロッドではなかったが 早くも手中に

撮ってもらった写真は 自分で言うのもなんだが 満面の微笑み
(恥ずかしいので目隠し)


そして
201601108.jpg
記念に水に手を入れて撮影
 この日の水温は13℃くらいをさしているが
 やっぱり冷たい
  ひるんでいたら ピンボケしかなったが 初物なので

一番反応のよかった時間は13~14時くらい
15時回ったら とたんに反応がなくなった
201601101.jpg
  少し広範囲を探る友人 反応がない

16時 納竿
201601103.jpg

 愉しい一時はあっという間に

   ロッドの仕上がりが待ちきれなくなってきた...

 異例な暖かさといっても これからぐっと冷え込む日が来るはず
  それを過ぎ盛期になったら ここはどんなにサカナがいることだろうと期待させられる場所だった


帰り道
 友人たちと別れ一人帰路につく
  そこには夕陽にのびる影
201601107.jpg

ほんとは 山予定だった今日
 思わぬ形で 愉しい時間をすごす事ができた

こういう行き当たりばったりの思いつき行動 いいもんです








スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

0 Comments

Leave a comment