愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

まだ早かったか.... 期待ばかりが先行してしまう今日この頃

今日は釣り仲間との釣ーリング(バイクで釣りに行く遊び)予定  
どこに行くか?悩んだ末   
やっぱり ここの様子が気になって 向かうことに決まった 

「もしかしたら もう いいやつがいるかも」

 今日のメンバーの脳裏には 昨年のあの興奮がフラッシュバックしている? 
ちょっと早いなぁ...とは思いつつも いつ盛り上がらるのか? 
 そんなことは魚たち次第だし 人知の及ぶところではない 
 しかし 淡い期待を込めて もしかしたら を求めて ここに立つ 201604291.jpg 釣ーリングのはずが...
 今日は車での釣行になった なぜか?  
 安定しない天気予報
   サイトによって
 雨だったり風だったっり
 何とも天気が読み切れなかった 
   自分は雨降りでもあまり気にしないが  
   乗りなれていないメンバーではやはり負担が大きい  
ということで、昨夜 急遽 GW初日 という渋滞不安は大きいかったが車に... 

 朝 集合時間にあわせて目覚めると   
なんとびっくりの晴天   
 何のために車にしたか?と言いたくはなるが... 
 今日のメンバーは 
  ドライバー&車両提供ナシオさん  
                            numassanさん 
                                うおさん 
                                Tokkoさん    
                                      うちに集合しての出立だ 
 昨日まで 高速道路は激しい渋滞を示唆する予測が流れていた 
  車で行くなら 高速に乗っていきたいところだが 渋滞は避けたい
  家を出るとき 高速の渋滞情報をチェックすると 
  ルート上に渋滞表示がない??? 
にわかには信じがたいが 取り合えづ高速入り口付近へ 
 やはり渋滞表示がない????   
   そんなはずはない と不安に駆られながらも高速へ入ってしまい
 一部で渋滞はあったものの GWの渋滞予想とはかけ離れた状況
  予想外の順調さで 談話でもりあがっていたら 到着してしまった

   して 早速釣りはじめ 
 パイロットチャレンジャーはいつものようにうおさん 
  準備迅速 誰よりも早く ロッドを振るのが彼のスタイル? 
  他の面々はのんびり釣り支度 
  そんな中「釣れねぇ~ 反応ないよ...」
    と うおさん やはりまだ早いのか?
   でももう少し下流ならいるかも?  あっちのほうならいるかも? 
    とそれぞれ戦略のある面々は 四散し状況を探ることに
 自分はTokkoさんとともにここぞと思う場所を攻めた
  が.... 「魚いないな..」

  流し方をかえたりフライを変えたり あれこれしているうちに 
  コツン と小さい魚信が
    そのあたりを繰り返しトレースすると 3~4回に一度
    小さな魚信があるも かけられない 
 「魚が小さいのか?」と不安を募らせていたところへ 
  ドンっ と力強いストライク    しかし 一瞬でテンションが抜けた.... 
  
  「でかいな オイカワじゃない ハスがいるのか?」 

 #18のフックでは軽く振りほどかれたので#16にチェンジ 何投目か流したところへ 2016042914iso.jpg(Photo by Tokkko)  
待望のヒット 今日のファーストフィッシュ は大物だ! 
  一気にバットまで絞り込まれる愛竿BH製 雑魚専用特別誂 其ノ2 

「この手応え 待ちに待ってた ハス登場か?」 
 弥が上にも盛り上がる期待  流れの中で抵抗するソレとのファイトはかなりスリリング
 しかし しかもなかなかへこたれない 
「流れから出てこないな.... ハスの動きじゃないぞ....これニジマスか?」
 と 不安がよぎる....  

  ロッドの弾力はほぼ使えない状態 完全にのされているので無理はできない 
 慎重なやり取りの末 出てきたのは 

「何だよ やっぱりニジマスかよ.... 期待させやがって」

  と独語をいいながらネットを用意する
  自分がこのフィールドで狙うのは オイカワとハス
     アブラビレツキは外道である
  Tokkoさんが「ハス?ハスつれたの?」
   とカメラを持って近づいてきた  
      「マスだったよ、30cmくらいあるね」と いって掬おうとしたら 
      「あれ?ヤマメだ...」   
         まぁ 外道には違いない.... 201604292.jpg  そんな ヤマメは約28cm
 外道ではあるが ちょっとうれしい自分がいる 
 またそれは なんとも重量感のある魚体 
 でっぷりしたお腹 に何かをたらふく食いこんでいるっぽい
   尾鰭が成魚放流ものであることを感じさせるのが残念
 「鮎でも食ってるかなぁ...」と考えつつ
 食おうかと思ったが写真を撮ってリリースした
      こいつが釣れるということは ハスはいない ということ?
 とさらに深まる不安?  
  しかし あのコツコツくる小さい魚信はこいつのもではないだろう
   アレはオイカワだと思う と信じて あの反応の主を確かめるため  
 #18のフライに戻し 再び魚信の出るあたりを丁寧にトレース  
  して 再びドンっと引き込まれる  
  「ハス?いや 違う マスか?」さっきの一撃ですっかり疑心暗鬼  
 手ごたえは さっきのものより若干弱い 
  今度はわりとすんなり流れから出てきてくれた   「これはハスかも」
   と思いネットを出し ランディング体制になったそのとき
    
  「パーマークあるじゃん...」  
 
 ソレはヤマメ特有の魚体の模様 「またヤマメか.....」
   気が抜けたとたん そいつはフックアウトした
 おそらく23~24というところだろう 「なんて日だよ..」
   思わず毒づいてしまった... 

 気を取り直して再び  
  たまに コツン と小さな魚信が出るが一向にフッキングさせられない 
 その自分のできの悪さにちょっと凹む 
 こんなやり取りに翻弄され だいぶこのあたりで時間を費やしてしまった
  ポイントを移動 別の場所に入っているナシオさんに電話すると 
 散発的にではあるが オイカワの15cmくらいのがでるとのこと 
  そこにいるうおさんは16cmをしとめたとか 
    numassanさんも15cm級を釣ったとかで... 
 それを聞いたTokkoさんはそちらとの合流に向かい 
 自分は一人別の場所(前回ナシオさんと釣った場所)をチェックに 
 そこでは 散発的にではあるが オイカワの12㎝程度を3尾キャッチ 201604295.jpg  連続ではあたらず 前回の好調がうそのように音信不通 
  あの時 ガンガン釣れた魚たちはいずこへ?  で 見切りをつけ
 再びヤマメの釣れたあたりへ で なんと 201604293.jpg  本日ヤマメ2尾目のキャッチ 27㎝   
1本目より若干スリム?小さいのに色もさらに銀化っぽくてちょっと精悍な感じ
    こいつはかなり走ってくれたので やり取りはすこぶる愉しかった 
    が やはりこいつも自分的には外道で... 
 ということで ハスがいないであろうことはわかったので
  ほかのメンバーと合流し ナシオさん うおさん numassanさんが
 オイカワをかけていたあたりにはいり 自分も やっと14㎝をキャッチ  201604294.jpg  その直後 Tokkoさんも待望のオイカワ14㎝を 
で 並べてみた 201604296.jpg  上が自分の 下がTokkoさんの  
 同じ14㎝でもずいぶん肉付きがちがい その重量差は歴然 
   盛期にむけて 日に日に重量感を増すであろう魚体に 妄想は膨らむ 
   その後は 鳴かず飛ばず  どこを釣っても 魚信すらないような状況 
   どうも オイカワがパッとしないので 
 カワムツを狙いに行くことにして移動を敢行した 2016042916numa.jpg (Photo by numassan) 
 移動先では まずは橋の上からカワムツたちの動きを確認 
今日のメンバーでは自分以外はここで釣るのは初めてなので
  ちょっと傾向と対策のブリーフィングを
 各自 それなりの手練れであるから
 簡単に説明すれば自分たちのスタイルを組み立てられる
 そして 各自思い思いの場所に入り  201604298.jpg 2016042911.jpg  こんな感じで釣りつつ 各自が いいカタのカワムツを手中に 201604299.jpg  15㎝ちょいとの個体をはじめ 
  自分も17㎝をちょいときる大型サイズをキャッチ 
 しばしその魚体にホレボレしている中をうおさんに撮られた... 2016042912uo.jpg (Photo byうお) 2016042910.jpg なかなかいい彩が出てきている重量級の魚体 
 この場所でも 尺サイズのニジマスをかけたが フライが小さいのだろう
   一発で振りほどかれた 2016042915numa.jpg (Photo by numassan)
ひとしきり釣ったところで大型の反応が無くなり
  忘れていた昼ご飯を摂りに一度川をあがることに 
 その間 夕方のひと時をどこで愉しむか?を談義し 
  再び最初の場所に戻ってきた
  numassanさんが午前中に28㎝のウグイをかけたというので 
 産卵の準備でウロウロしているウグイたちを見つけ
 ちょっとご機嫌伺いを ニンフをプレゼントしたら 一尾だけが相手をしてくれた201604297.jpg  その 美しい朱に染まった24cmの魚体 写真におめさせてもらって
  その後も魚信は遠く芳しくない 
 午前中 ヤマメをかけたポイントのチョイ下流で
   再びアブラビレ系と思われる魚のHitがあった 
 それは 今日一番の手応え 
 流芯に突っ込んでゆくそのファイトは 
 クリックドラグのリールで 8Xのティペット仕様では
 かなりの不安を伴うやりとり

 慎重に粘っていたところ
 numassanさんとナシオさんが対岸でこちらを見ているのに気づいてしまった
  いいとこ見せよう なんて思ったのだろう
 邪な心が....仇になる
   痛恨のフックアウト
 魚影も確認できぬまま そいつは消えた 
その後は 全然反応なし...あえなくの撃沈状態 
 うおさんと最後に少し釣りあがったところで 10㎝チョイのオイカワを2尾追加

 今日は これで時間切れとなった 2016042913.jpg 結果
 オイカワの釣果はパッとせず
  待ちわびているハスたちの登場もなく
  カワムツは期待を裏切らず
  ちょっとドキドキさせてくれたのはいつになくアクティブな外道たちだった
  なかなか珍しい感じの愉しい一日 
   帰路 交通量もいつになく少ない感じで至ってスムーズ
 帰宅後 風呂に入りながら 顔が日焼けで少し火照っているのに気付いた
    
今日も 愉しめたな

 さて 夏に向かう今 ハスの初登場はいつに?         
スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

2 Comments

numassan  

mattさん、こんにちは
釣果としては全体にイマイチだったけど、自分的には大満足の愉しいGW初日となりました。
なんとも羨ましいのはヤマメ2尾とのこと。特に2尾目のヤツは本流から指してきた銀毛ヤマメですよね、尾ビレも綺麗で精悍そのもの。まさにピンシャンじゃないですか!
私にはカスリもしなかったけど、さすがです♪
ぐやじぃぃぃ。
初めてのカワムツエリアも癒されましたよ。この川はいい、いろんな顔を持ってるフィールドですね。ますます好きになりました。
もうすぐハス&夏色オイカワのシーズンですね〜
間違って外道の銀毛ヤマメがオイラにもかかってくれないかなー(笑)

2016/05/07 (Sat) 14:19 | REPLY |   

matt  

Re: タイトルなし

numassanさん
 
 オイカワは残念でした

ヤマメはこの場所初お目見えです
 狙ってないと こんなことになる
 一期一会も また 釣りの愉しさですね

最後にバラシた奴はもっと強烈でした
 魚種はわかりませんでしたが ちょっと残念

また 愉しみに行きましょう(^^ゞ

2016/05/08 (Sun) 00:04 | REPLY |   

Leave a comment