愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

南部流 寒造り 純米吟醸 あさ開

4年前くらいから お酒のたしなみは日本酒が主となり
 最近では ほぼ日本酒しか飲まなくなった

旅行に出れば その地の味を味わうのが愉しみ
 ソムリエになれるような味覚は持ち合わせていないが
それなりに 日本酒の味わい深さ を感じている

量を飲むわけではないので 良質な酒をちょこっと飲む
製造元や味にうるさい人たちはその酒と合わせるおすすめの料理なんてものを教えてくれるが
 そんなことはどうでもいい
おいしい食材があるとき おいしい酒を呑みたくなる
そのマッチングは その時に自分の舌できめればよい というのが自分のスタイル
 いろんな酒蔵のを少しでも飲み比べられるように 基本は 純米吟醸 をいただいている
メインに飲むのは 東京の酒蔵 田村酒造のもの
 これはまたいずれ

して 飲んだ記憶があいまいになってきているし
なにを飲んだかことがあるか?思い出すのが大変なこともあるので
 ここに ちょっと記録を残そうかとおもい
  新しいカテゴリで 今日の一献 を立ちあげた

記念すべき? 第1回目 の一献は 

 3月の岩手旅行で仕入れた一品
201605013.jpg
株式会社 あさ開 謹製  南部流 寒造り 純米吟醸 あさ開

数あるお酒の中でこれを選んできた理由は
 ふらっと立ち寄った盛岡の酒屋で 純米吟醸でおススメは?と聞いたら即答でこれだったから と
 そんな話を店主としていると そこに“あさ開”の営業さんがたまたま登場
熱く南部杜氏の話や寒造りの良さを聞かされ 気持ちよく購入

※寒造り
 温度調節のままならなかった昔 11月頃~2月頃までの厳冬期に仕込みは 雑菌の繁殖を抑えることができため 最も酒造りに適しているといわれている 同じようなものに「ひやおろし」がある 昔のお酒の旬ということらしい

スペックはこんな感じ
201605012.jpg


今朝 西伊豆で釣りたてというムギイカをいただいたので
201605011.jpg

穏やかで澄んだ吟醸香と書かれてはいるが 
 ことのほか香りのたちがよい
  でも 邪魔になるような香りではなく
 味もうまみをしっかり感じられる
  
愉しめるお酒であった

さて 次は??
にほんブログ村 酒ブログ 今日飲んだ酒へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 今日の一献

0 Comments

Leave a comment