愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

気もそぞろな今日この頃 仕事が手につかなくなってくる...

去年の今頃
 オイカワの16cm超をすでに手にしていた

 前回の釣り 同行者には16cmがでたものの 
  自分にはめぐり合わせがなった 

 Zacco Fly Fishing の ハイシーズンへ向かうこの時期
 いつその盛り上がりがくるのか
  頭の中はそんな思いでいっぱになる

 気温が高ければ これで あのポイントあたりに魚がさしてくるだろう
 なんて妄想ばかり
   目覚ましをかけなくても スッと目がさめる

   「さて 行くかね」
201605061.jpg

今日はひとりな日
 
朝陽が空を朱に染め出すころには
 気温12℃の 
峠にいた

「予想以上に寒いな...」
 
 週間天気予報では晴れて夏日になるはずだった今日
  昨日 午後から雨 に変わっていた

AD125を駆りワインディングを川へと走る
 カレンダーどおりの休日ではない自分は
  基本ひとりで動くことが多い
  これから  しばらくはこんな動きがデ
フォルトになる

 川につくと気温 14℃
      水温 13.5℃ 前回より約1℃ほどあがった

 ここ数日は日中が暑いくらいの日もあったので
   期待してしまっている 自分がいる
 
  そして 3投目
201605063.jpg  オイカワ 15cm
 前回はまったく反応もなかったポイント
  かなり流れの速い浅い場所でストライク

 つき場が夏パターンにかわった
  それは 盛期の到来を期待させるには十分だ

 その後も Ave13cmくらいを ポツポツとランディング
  あきらかに 前回より 調子がいい
  魚たちも 固まっているのではく
    広く 散っている感じ

  同じポイントでは連続しないが
   魚信が遠のいたらたち位置 流し方 をかえると
    釣れる感じが続き
  2時間が経過する頃に 15尾を数えていた

その後も 場所を変えながらやる気のあるオイカワを拾ってゆく
201605062.jpg かなりグラマラスになった魚体もポツポツ混じる
 このくらい体高のある魚体になると 
  流れの強いところでの駆け引きはおもわず笑みが漏れる

 そして そこそこ押しのある流れに膝上まで立ちこんでいる状況で ストライク!
  かかった瞬間 激しくジャンプする魚
   愛竿 BH製 雑魚専用特別誂 其ノ壱 がバットまで一気に絞り込まれる
  
  前回の釣りではこのロッドよりパワーのない“其ノ弐”+クリックドラグリールを使用 
   ヤマメとのやり取りに難儀したので 
  今回は“其ノ壱”+ディスクドラグのリールの組みあわせ
   少しは安心度の高まるタックルセットだが 所詮は雑魚専用
    このロッドのキャパとして想定される魚は20cm強までである
   まぁ いつもそんなことはお構いなしに使い倒しているわけだが
    ロッドが折れる不安とのせめぎあい
     これも 繊細なロッドで魚たちと対峙する愉しみ
    まぁ 本当に折らないように ティペットは細くして
     先に糸が切れるようにはしてあるのだが..

  魚体が水面を割った瞬間 「ニジマスか?」と直感した
   前回のヤマメよりトルク感のあるひき
    川の中ほどで掛けているので 岸に戻るのも容易ではない
   時間をかけた慎重なやり取りのすえ
    ネットに収まったのは 約30cmのそれ
201605067.jpg 鰭の欠損もなく なかなかきれいな魚体
 昨年放流された個体の生き残りなのだろう
  釣堀のものとはひと味ちがうFIGHTを見せてくれた

 このあとも ポツポツとオイカワが相手をしてくれる
  今日 これまで12cmを下回る魚は釣れていない
 やはり 盛期に向かっているのだと実感する

  そして再び ドンっ!と ロッドをひん曲げてくれるヤツが
201605066.jpg  
こいつは 1尾目のヤツより大きかった
 30cmを楽に超えており 軽くメジャーあてたら32~3cmといったところ
  スマホで上の写真を撮って コンデシ出そうとしたら逃走された..

このあと反応が止まったので 対岸側に移動
 そこで  オイカワたちのプチ暴走モードに遭遇
201605065.jpg 201605064.jpg 次々と14~15cmの魚体が
  しかも みんな Nice Body
 ここは連続ヒットで7尾をカウント
  この時点 5時間ちょっとの釣りで 
   オイカワ34尾とこの時期としては上出来か

が ここで
 「ん?なんかロッドの様子が変だぞ...」

 「フェルール 割れてる....」

なんというアクシデント
 これにて 今日の釣りは強制終了....
  つなぎが緩んでたとこに調子乗ってPower Fightしたせいか...
  使いすぎによる屈曲疲労か...
201605068.jpg 
考えてみたところで 割れたものが治るわけではない
   Blue Heron工房へ里帰りなはめになった
 3月にリメイクが上がってきて、6回くらいしか使ってない
といっても このロッドは手元に来てもう4年 
 2回の修理を経て 何千回?のキャストに耐えてきたのか...
 いかんせん愛着のあるロッド
  つなぎの緩みのせいで折れたのなら 自分の不注意
 使いすぎで折れた ということならロッドも納得してくれるはず

  大事に使うということは 使い倒して製品寿命を使い切ること
   そのポリシーのもと
   治ってきたら また 愉しみのために酷使させてもらおう





 







にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

 オイカワ Zacco フライ Fly ニジマス ADIVA

4 Comments

GL  

其ノ壱くんはもう悲鳴をあげてたんだね。
入退院を繰り返しいつかは夜空の星となっていくんだろうか。
いやいやmatt さんの元では何時まで経っても
なかなか輝く星にはさせてくれないだろう。

もう輝く雑魚たちが忍び寄るように
夏モードになって躍り出しているんだね。
早くヤツらを釣らないと!
其ノ壱くんの早々の復帰を切に願うよ

2016/05/08 (Sun) 19:54 | REPLY |   

matt  

Re: タイトルなし

GLさん
 
 其ノ壱 まだ終わらせませんよ。
  それが 道具への愛着ですから(笑)

 日に日に 川にあの興奮が近づいてきてます。

 Hinohara Monotone Brothers

はやいとこ活動はじめないと....


  

2016/05/09 (Mon) 00:36 | REPLY |   

NORI  

釣り過ぎ(特に大きいのを)ですね(^^;;

2016/05/09 (Mon) 21:56 | REPLY |   

matt  

Re: タイトルなし

ですかね(笑)
 結構やっちゃってますから....

BH工房でも いわれましたが
 釣りに行き過ぎとも....

まぁ 道具は使うためにあるので これからも使い倒します(^^ゞ

いよいよとなったらその時は....

2016/05/09 (Mon) 22:51 | REPLY |   

Leave a comment