愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

遠方より釣り人来りて

 台湾からの客人を迎えるこの日
 そのおもてなしメンバーとの合流はあの場所

 久しぶりに モノトーンのイタリアンスクーターのランデヴーで
201605221.jpg 
201605222.jpg走りなれた道を 気持ちよく攻める
 といっても ふたりともこんなマシン
  レーシングスピードには遠く及ばない
それぞれの快適スピードで あの場所へ

川につくと すでにH氏が釣支度中
 そして 来日のC氏を乗せた送迎車?が到着

この日の最優先事項は C氏に 
 日本のハスと 大型のオイカワを釣ってもらうこと

C氏が釣りをできる時間は今日だけ
 限られた時間に なんとか目標は遂げてもらいたい
201605223.jpg (Photo bynumassan
先日おこなったプラクティスの様子を含めブリーフィング 
時間を惜しんで釣りを始める

そして 釣りをはじめてみると

「あれ? 魚すくない.... やばいぞ...」という感じ

それでも C氏にはハスをかけてもらいたいので
現状考えられる1番のポイントを占有してもらい 頑張ってもらう

そして 何十投したことだろうか?
 ついに ハスがストライク!
 ちょと興奮気味の声が響く
 しかし それは無情にもフックアウト   
   その手応えだけを残して

P5220502.jpg 右:C氏 左:H氏
 (このお二人は旧知の仲 C氏の紹介で自分はH氏とつながった)

オイカワはビッグサイズとはいかないものの良型をポツポツとキャッチ
しかし お目当てのハスは たまに姿は見えるもののやる気がない

その後 もう一回 ハスがかかるも こちらは瞬殺フックアウトだった...

 今日の低調にお休みモードのGLさん
20160522uo.jpg  (Photo by うお)
 奥にみえるGCさんもパッとしないよう....

C氏をあまり 見つめていても のびのびできないだろうから

一人下流の偵察に出ていたナシオさんの様子を見に行った
こちらも あまり調子が出ない様子
 プラの時とはずいぶん様子が違う
気温はずいぶん上がってきたが 水温はなかなか上がってこない
 この時点で14.5℃と低目な感じだ

そんななか気を吐くナシオさん
13235138_972007072919309_280842707799519523_o.jpg 待望のハスをヒットさせる

自分は といえば...
ハスにかすりもせず 


そんなところに ドカンと何かがストライク
 激しくヘッドシェイクする様子がロッド通して伝わってくる
「ニジマスだな....尺ちょいくらいありそうだ」
岸に寄せられるように移動
13247803_972007029585980_8739962955855237470_o.jpg 
  このロッドでこのサイズはキツイ が
  それはそれで愉しくもある そんな愉しさをナシオさんに押し売り
 どうせニジマスだし と ナシオさんに半ば強引にロッドを渡して
 ファイトを堪能してもらう
  使ってるのは 雑魚専用特別誂 其ノ弐
今日もいい曲がりっぷりだ


しばらくがんばってもらい 魚体が見えるところまでやっと寄せてきた
 ネットを準備しランディングスタンバイ
 このタイミングが 一番危ない
  とおもったとたん フックアウトした
   まぁ ずいぶん愉しませてくれたのでよし

その後は 
2016052241.jpg  (Photo by うお)
オイカワと戯れる (良型にこぼれる笑み)

そうこうしているうちに
 上流に見切りをつけたみんながやってきた
  そして GLさんに大物がヒット
13305176_1066890210071205_3212702563649860209_o.jpg (Photo by GreenCherokee)
 かなりのファイトぶりに 
  「ハスじゃないな....」
  と傍観していたら
20160522nu.jpg (Photo by numassan)
大物のニゴイだった
 ロッドオーダー中のGLさん
  竿なしなので 其ノ壱を使ってもらっていた
ファイト中に 「折っちゃっていいよ」とか
 恐ろしいことを言っていた御仁がいたらしい(笑) 
  今日は製造者が来ているので いいんだけど...
 

いくつかオイカワも釣れたので

だれもいなくなった最初のポイントが気になり
 様子を見に行ってみる

やはり魚影は薄いようだ
 しかし いくつかハスの泳いでいるのは目視できるので
  ちょっと狙ってみる

すると 5投目   
201605225.jpg   今季初のメスハス22㎝をゲット 
  なんとか 面目躍如か....
このあと いくつかオイカワを追加したが そこで タイムアップとなった

結局 C氏にはハス リベンジの片鱗だけ 
 オイカワの良型は釣ってもらえたので そこで良しとするしかなく
プラクティスまでやっておきながら 結果を出せなかったことは心残りだったが 
 また 挑戦してもらいたい

そして 201605227.jpg
今日の皆で記念写真を(Photo by BlueHeron)
201605228.jpg BlueHeron製ロッドのそろい踏み
 よく見たら? 1本足らない....
 ほかのメンバーのブログにはちゃんと写っているので、あえてこれを
  これでも十分 壮観 だと思う

このあと ヤマメを釣りたいというCさんの要望をかなえるべく
うおさん ナシオさん numassanさん H氏の布陣でC氏を渓流部にご案内
ここで  BlueHeron GLさん 自分は カワムツを狙い ということでお別れ
GCさんは? 世界を股にかけるビジネスマンはここから仕事に
さすがの強者である

ここで 中締め みなさんお疲れ様

さて カワムツを求め 移動した先
201605226.jpg 水が ない 
 すっかり渇水してしまっている...

それでも 1時間ちょっと カワムツが遊んでくれるが 
大型は少ない 
一雨来ないと ここもサカナが出てこないようだ

ここで GLさんがタイムアップ
  BlueHeronさんもそろそろ上がろうと

まだ少し 釣り足りない自分
 ふたりを見送り オイカワのポイントへ一人戻った
2016052210.jpg 陽も傾き 日没が迫る
今日の有終の美は
2016052211.jpg オイカワたちのプチラッシュ
 午前とはうってかわって 15㎝前後の良型が連発する
14尾目 をかけたころ 陽は山の向こうに落ちようとしていた

201605229.jpg 
今日はよく遊んだな
 盛り沢山ないちにち
  残念な想いもあるが これも愉しみの一環

暗くなる前に 荷物を片付け 家路を急いだ

 また 数日後のために

 

 
    
にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

 フライ Zacco オイカワ AD125 ADIVA

0 Comments

Leave a comment