愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

腑に落ちない という理由付け

日曜日 釣れなかったなぁ....

なんでだろう あんなはずない
 と 一人悶々としていても らちがあかない

なら 答えはフィールドで確かめるしかない
201605262.jpg さぁ今日も

 一日フリーのこの日 K氏を誘って
朝一から川に入る 
 川面を渡る風はまだ冷たい
  水温 14.2℃くらい
   やはり 水は冷たいようだ

そして 先日の鬱憤をはらすべくキャスト開始

しかし

無反応.... なぜだ... 

疑問符が頭を駆け巡る
この状況 この時期 釣れない意味がわからない
 確かに水温は少し低いが その影響だけではないだろう

テッパンと思われる場所から魚の手応えがないのは状況は
 不安をあおる

すると K氏 にオイカワがヒット 自分より先にサカナを掛けた
 これはこれでうれしい
 前回は終了間際にやっとの一尾
  タックルの何がダメなのか?なぜ魚信がとれないのか?など
  いろいろな反省を踏まえての今日
 その 思考の結果が早くも還ってきた
 そこそこのサイズのオイカワ いい出だしだ

その後 自分にもヒット これもまぁまぁのサイズ

201605263.jpg
とにかく 魚信が少ない
 このあと 場所を変えながら釣り続ける

 この日のK氏 一味違う
 自分を先行する釣果を続け
201605264.jpg
ついに この場所3回目の挑戦にして 17cmの良型を手中に
 色づきこそいまいちだが 15cmを超えるオイカワのファイトは格別
  さらに17cm越えるあたりから もう一段 キレのいいファイトを見せるようになる
このサイズが釣れるようになると わざわざこの場所に来る 意味が強くなる

そして 自分にもいいファイトが
201605261.jpg   この絞り込まれ感に やられている
  脳内にはよくわからない何かしらの汁が出ている瞬間だ

201605266.jpg しかし とにかく 数がでない 
  ポツンポツン といった感じで 前回より渋い気がするほど

 どこで釣っても連続しないので
  場所を移動

 移動する先を見ると 先行者が竿を振っている姿が遠目に

 何を釣っているのか?
  目を凝らしながら近づいてゆくと
   フライロッドを振っているようだ

 「お、フライフィッシャー! 釣れてるのかなぁ」
と 足早によってみると なんとなく 知っている人のような....

H氏だ

先日も一緒だったH氏 やはり前回の雪辱戦に出向いてきた模様
 なかなか笑える展開 K氏とH氏そして自分 またまたこの組み合わせ

そして
一昨日には雨の予報だった今日
 昨日は夕方から雨予報だった
ずいぶん予報とは違う夏日
時間経過とともに上がり続ける気温

何とも不思議な感じ
 そして 3人で今日の釣れなさを憂いる

2016052610.jpg 写真を撮れば 夏真っ盛り感満点
 暑い が 湿度の低さと相まって川面の風は 心地よい

オイカワに混じり201605267.jpg ウグイ登場 15㎝程度だが
 かかると オイカワのそれとはちがうので なんとなくわかる

釣れるのは 散発的にオイカワ
 ハスは 姿が見えるのだが 少ないし
  何より やる気を感じない
 産卵に備えた動きをして 走り回っているが フライには反応しない

渋いまま 3人でまた場所替え 朝イチで釣っていたあたりが一番反応がいいようだ
201605265.jpg こんなのも追加
 ほぼ17㎝ しかし 夏色にはまだまだ

そうこうしているところに
 ちょっと上流で釣っていたH氏のロッドがひときわ大きく絞り込まれている
2016052611.jpg  ランディングしたのは ハス
 H氏はこれが釣りたくて ここにきているのだから 感動もひとしお
人生初のハツノ ハスである

H氏の満面の微笑み そちらに気を取られ?ながら
 大きさと婚姻色のなさ 鰭の黄色さが見えたので
 「初ハスはメスでしたね」と自分はコメント
  しかし この写真 あとでよく見たら 雄だ・・・
 それはfacebookに投稿されたとき 写真を見たBlueHeronさんから指摘されていた
 (スミマセン ちゃんと確認せず嘘ついてしまいました...)

しかもこのハス 意外なポイントから引き出されていた
 こういうのを ビギナーズラック とでもいうのか
  なんともドラマチックな アメイジングを見せてくれる  
 H氏 実は 持ってる 人なのかもしれない

その後は 相変わらず 渋い状態が続く
 が ここまで K氏はオイカワを8尾 うち1尾は先の17㎝と大健闘

自分もここまでオイカワ10尾のウグイ2尾と肉薄される状況
 今日は K氏もイケている

昼になり 魚信もほとんどない
 昼食を摂るため一時川あがり
  一人や いつもの仲間ならコンビニ飯が定番だが
 今日は大人の集い
  ちゃんと座れるところで 釣れない時間を使って
 ゆっくり昼食
2016052614.jpg BlueHeronさんが絶賛する チキン南蛮定食を仲良く
 H氏もK氏も なかなかのボリュームにひるむが
 食べだしてみると ペロッといけてしまう
  なんとも 不思議?な食べ物である
   間違いなく高カロリーではあるが...

 食後は ほかのポイントを見て回るが いかんせん渇水が深刻
  数日後に控えてるアユの解禁も これでは 大変だろう

 そして 上流部ので気になることが
  川に真っ白の濁流が流れ込んでいるポイントを発見
  なんだろうなぁ...と思ってみていたら
 地元農家の方が寄ってた
 「なんだ 役所のもんじゃねぇのか..」と

話を聞くと 日曜日のあさくらいにこの濁水が流れ込んでいるのを発見したそう
なにか おかしなことになっていると役所に通報したところ
 見に行くとのことだったので 我々がのぞいていたのを役人と勘違いしたようだ

ここで気になったこと1点
 「日曜日から??」
  と聞くと 金曜日は流れていなかった 日曜の朝に気づいたとのことだった

金曜日は釣れた 日曜日は釣れなかった 今日も釣れない

この濁水の流入が...と考えてしまったが ここで因果を解明できるはずもなく
 その可能性を疑うにとどまった



そして 夕まずめを釣るため 再び川へ戻る

 夕方の時間は だいたいは15時を回ってからというのが通例

 そして その頃になり
  自分にも待望の
201605268.jpg 201605269.jpg メスハス 23㎝
  この前に オスハスをかけて もう一歩のところでフックアウトさせ
    悔しい思いをしているところへの追加 
  今季6尾目となるハスに とりあえず 安堵する

しかし この後も盛り上がらない
 オイカワが散発的に相手をしてくれる程度

午前中 調子のよかったK氏も午後時間は沈黙している
 そんなこんなで タイムアップも近づく
  というか K氏はだいぶお疲れのようだ
 こんなに長い時間釣りをしたのは久しぶりらしい

「このまま釣り下って上がりましょう」

として 釣り下る
 ゴールデンタイムのはず だが 盛り上がりはないまま

いよいよ 川をあがろう といった最後のキャスト
 コツコツっとフライに魚の絡む魚信 その直後 
  ロッドをひん曲げてくれる手応えが入る
   跳ねる魚体
    盛んにヘッドシェイクするこの感じ
「ニジマスか? 尺チョイな感じだな..」
 ということで 有終の美を

と思ったが すぐ隣にK氏がいるではないか
 ロッドを渡して 大型の魚と華奢なロッドで渡り合う楽しさを押し売り
 ん?これ 先日のナシオさんと同じパターン...

 「まぁ 外道だし 気楽にやってください 練習相手にいいですよ」なんて 
   
 ということでK氏に取り込んでもらうことした
2016052612.jpg 流れの中走り回るそれは K氏を翻弄する
フライラインはハーフしか巻いていないので バッキングまで引き出されるドラグファイト
 とにかく無理をしないよう ロッドのタメをつかったやりとりを練習してもらう
寄せては 引き出されるの繰り返し
 流れの中で掛ける尺物は 8Xのティペットを振り切ろうと必死だ

見守る自分とH氏 
 慎重なやり取りの末 いよいよリーダーがみえる
  魚体が見えた瞬間 「あれ?ヤマメだ!尺あるかも...」 となった
 あのヘッドシェイクは ニジマスだと確信していたのに
 今日2度目の嘘つきました...

それまで ニジマスだと思っていたものが ヤマメだと聞いた瞬間
 なんとなく 動きがぎこちなくなるのが 釣り人の性?
  高まった緊張感 ネットインまであと少し
   余裕のなくなったラインでの寄せは 一番フックが外れやすい魔の時間
 先日のナシオさんも同じパターンでやられたのが脳裏を掠める
  自分だって いまだ このサイズはキャッチ率低い

 「気を付けてくださいね」

 といったものの やはり力が入っている様子
  やばいな...と思った直後 我々を愉しませてくれたヤマメは流れの中に消えた...
 今日も 残念だが
  こういう経験が次につながるはず 
  
今日は こんな幕引き 

 まぁ 最後に楽しんでもらえたから よし 
  ということで 実働 10時間を超える釣りをおさめた

この時期としては異例といえる なかなか厳しい状況

それでも 釣り仲間がいることで 愉しい時間を過ごすことができる

ありがたいことだ

さて アユ解禁も迫っている

このフィールドで今のような自由な釣りが展開できるのはあと数日

アユ師が入るようになると 多くのポイントがつぶれる

それまでに あと1回 きたいなぁ と...







にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

 フライ オイカワ Fly ハス ケタバス

2 Comments

numassan  

うううむ!
写真がイイ。どの写真もすごくイイ。
これを見ていると横たえた写真が侘しくなるほどだ。やはり水中の魚は美しいね。
でもちょっとした風景や釣り人のショットも素晴らしい。釣りの腕前以上かも(笑)

2016/06/03 (Fri) 23:21 | REPLY |   

matt  

Re: タイトルなし

numassanさん
そんなに褒めていただいても何も出ませんよ(笑)
励みになるコメント ありがとうございます。

これからも精進いたします(^^ゞ

2016/06/04 (Sat) 02:00 | REPLY |   

Leave a comment