愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

減水 そして 心の潤いも渇き気味....

先日の残り半休を使って 今日もK氏と 川に行ってきた

この日この釣行は周到に計画されていたものではない
 自分が午後 時間が空けられそうなので やること前倒しで時間を捻出
  午前中に急遽出動可が確定し 唐突にK氏に声を掛けたところ快諾

5月になって この釣りのビギナーであるK氏に愉しさを刷り込み
 釣行を共にすることとなって5回目の釣行が実現した

 それまでは顔も知らなかったSNSだけでのつながり
 この時代になって なんともおもしろい交友関係の広がりを見せるものだ

よくよく考えてみれば 今 仲良くしてもらっているZacco仲間も 
 そのほとんどがまだ知り合って1年くらい

このフィールドを通じて 同じ愉しさを共有し とても親しくしてもらっているのも
 それまた不思議なことではある

まぁ そんな感慨深さはさておき
 雨模様の天気に期待を膨らませ川についてみると 道路は乾いていた
  ずいぶん前に雨がやんだのか?
  そもそも大して降らなかったのか?

 ポイントについてみると先ほどの答えは明白 降雨量が少ないであろうことを確信させた

なんという減水ぶり もはや渇水といっていいレベル
 訪れるたびに水量が減っていたことは気になっていたが これは....
201606071.jpg 去年も減水した時には 魚の反応がぴったり止まった記憶が想起される
軽く見積もっても1ヶ月前より10cm以上少ない.....
4日前と比べてみると 5cm以上 ここ数日の減水が深刻なようだ

水温は18℃を若干超える感じ
 これは予想外のあたたかさ と 同時に不安も

やばさ...を感じつつもキャスト開始
 K氏は前回いい思いをした場所に同じパターンで
 自分は 少し離れた流れに入る

オイカワはあまり目視できないが ハスは結構な数がいる

しかし 何をやっても反応なし かすりもしない
K氏も全く歯が立たないようである

30分ほどしてやっとオイカワが一尾
その後も ハスの魚信は全くなく
やっといい感じのオイカワが入る
201606072.jpg
 17㎝のバッチりな夏色
 曇りの夕方なので 少々明るさが足りず 水中ではピントが出せなかった
 とりこんでみれば201606073.jpg   実にいい

この後 オイカワを追加したものの
  ハスは全く釣れる気がしない...
   K氏は まだオイカワすらカタ見れず で気づけば17時になろうとしている

このままでは お互いやばい...と焦りもありオイカワのポイントへ移動

そこでは水温は16℃ 先ほどの場所よりウェーディングしていて水の冷たさを感じる
こちらはあまり減水の影響を受けていないようで平水な感じ
 流れのヨレを見極めつつ フライを流す
 ここでも どこににでもいるような感じでない
ここは と思う流れ方の中で魚信が入り 17㎝のオイカワがストライク
 さらに立て続けに9尾を追加 しかも そのうち7尾が17㎝
 同じ魚が何度も釣れている?と思いそうになる 判を押したような同寸だった

 そのうち1尾だけが夏色に染まっていた
201606075.jpg その後は流れの中を広範囲に流し 日没まで 計19尾で終了
 K氏は大型こそなかったが 良型を4尾

何とか形にはなった?が この時期 しかもこの天気で
かなりの期待の中としては ちょっと物足りない気もする釣果
考えてみれば この時期のこの釣りでハスが釣れなかったのは初めてなような....
 結局 写真もあまり撮らず....

でも やっぱりこの場所で サカナたちと戯れているのが
  今の自分的に愉しい至福の時間
 
次に来るときには 一雨ほしいが どうなることやら

釣れても釣れなくても それは結果に過ぎない
 そして それは愉しさを評価するすべてではない
 もちろん 釣れる釣りは愉しい
  でも こういう時に「なんで?」を考えて
 魚たちのことに思いをはせるのも また いとおかし である

ちょっと釣りすぎてるかなぁ....という反省もあるが
 やっぱりやめられない 
 
夏色を追いかける日々は まだ始まったばかり  

大事にするので
 まだ しばらく遊んでください サカナたち

にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

 オイカワ ハス Zacco

0 Comments

Leave a comment