愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

やっとの釣りに水を差す?雨天 それでもサカナたちはアツい

実に前回の釣行から2週間あいた...
 このZaccoFryFishingの最盛期に こんな期間釣りをしないのは自分的に珍しい

心待ちにしていた今日の釣行

昨日確認した天気予報では曇り のよう...

星も見えない まだ暗い早朝
 出かける準備をしていると
 聞きなれたVespaの2stサウンドと共に
  勢いで同行を決めたGran Lussoさん(以下GLさん)がやってきた
P7051013.jpg 道中のコンビニ
 モノトーンといわれた二人の釣ーリングが 今日はおめでたい?紅白
 自分の今日の相棒は 赤いSYM RV125i 息子の通学用マシンだ
 といっても 名義は自分
  もともとこれに乗っていたが 息子の通学用に譲って
   ADを追加したといういわく?つき..

 なぜADではないのか?
  ADは現在自走不能なのだ
  昨日夜 駐車場に停めておいたところ車に突っ込まれた....
   急遽 息子に借用を打診したというわけ

といったいきさつで 紅白組での出動になった
 で 奇しくもGLさんが朝ごはんに買ったおにぎりが 紅白!
  P7051014.jpg  P7051015.jpg 
  な わけで 記念?撮影のような...

さて 本日 最初の目的地はここ
 よく来るポイントであったが 今年はとんとご無沙汰
P7051016.jpg
今年のここは ハスの数が異常に少ない
 理由は諸説考えられるが まぁ 目に見える状況からの適当な推測なので
  エビデンスはない 
 釣れない釣りの考察も愉しさ一部だったり

そうはいっても現実は
 ハスが少ないという事実 そして オイカワもあまりいない 特に大型が少ない
 さらに アユが多くそれを狙う無法な鮎師たちが連日わんさか押し寄せているという情報あり
それらに辟易として 大好きだったこの場所への足離れを起こしている

このままシーズンが終わってしまうのも悲しいので
 今日はここの状況を見て 移動する という魂胆
 さらに GLさんのタイムリミットは8時ころ 
それまで この釣り場の状況確認を兼ね釣ってみようとやってきた

さらに 今日はあと2人合流予定
 お一人はこの場所をやったことのないITさん
 もうお一人は ここの通勤組 THさんだ

紅白組到着時はまだ薄暗い時間
 しかし そんな川面にうごめく影が
 「もういるのか...アユ狙い」

GLさんの時間が限られているので そそくさと準備を始め足早に川へ
水量は多く ベストな状態
 テッパン と思われる場所に陣取り キャスト開始
が 異変を感じる 
「魚信がない...」 この時期のこの場所では考えられない事態
何投しただろうか やっと一尾目をキャッチ
 しかし そのテッパンと思っていた場所では続かない

そうこうしているうちに THさんが合流 各々好きな攻め方で
  場所を変えながら探り続け やっと 反応のいい場所をあてると
   そこではコンスタントにオイカワの夏色まざりで10尾ほど
P7051059.jpg
 しかし この時期のこの場所とは思えないオイカワのサイズ 総じて小さい
  17㎝に全くとどかないし ハスの気配を感じない

13567296_1071372159609357_8686782398641837116_n.jpg (Photo by GL)

ひとしきり釣ったころ
ITさん登場 ここから4人になるが
 鮎狩りの人もだいぶ増えてきて フライをふれる場所が少なくなってきて

人がいないところへ入りぽつぽつと釣果をえる

そんな中 釣れたオイカワの尾びれ
 ざっくり裂けている
  これは鮎を引っ掛けで狩っているせいだろう
この場所は ある意味無法地帯
 多くの河川ではこの時期禁止されている  コロガシ という
  鮎を引っ掛けて狩る漁法が 大手を振って行われている
   P7051105.jpg   P7051019.jpg  
釣る というゲーム性を失ったそれは 漁
   なのに 生業でもなく 
    自分で食べるだけならまだしも
     近所に配るみたいな 自己顕示欲のようなもののために鮎を狩る 
    という 自己肯定の基に繰り返される
         生態系へのダメージを省みない魚たちへの虐殺行為
      
     これは 鮎を獲らない側からの視点なので 
      多くのバイアスを含んでいることを断っておくが
       少なくとも 見ていて気分のいいものではない

  その狂気の針にかかり 鮎ではないというだけで 無残に投げ捨てられるハスオイカワ
  この場所に来なくなったのは この光景を見るのがつらくなったから
   というのが 一番の理由か

  それでも ここは 多くのメモリアルをくれた場所なので気になってしまう
P7051031.jpg 鮎掛けの針から逃れているオイカワを見ると 思わず 
 「死ぬなよ....」と声を掛けたくなる
  こいつらも子孫を残し逝く最後の時間をここですごしているわけだが...
   それをゲームと称して釣っている自分にも矛盾の一端はあると思う

  久しぶりといってもたかが2週間 ちょっと こいつらを見なかっただけで  
     なんとも いつになく感傷的になってしまった

               P7051139_201607062320581a6.jpg
            そして タイムアップを向かえ 一人 川をあとにするGLさん

   この川で自分は結局ハスの姿が拝めなかった 
    THさんとITさんがそれぞれカタを見た程度
    かすりもしない自分.... 後半は夏色が過半数 極夏まじり
      1尾のみ18㎝にとどいた魚体を拝むこともでき
       オイカワたちが慰めてくれたからよしにしよう 

そして ポイント移動
 カワムツの川へ
  すっかり夏草に覆われた
 だいぶ釣りづらくなっているが
  こんな流れの中を たくさんのカワムツが行き交う姿に 癒される
P7051143.jpg この川ではロッドを持たず
 はじめてここを訪れた二人の釣りを見学
 13613230_268274900198531_3466465570303313240_o_20160708210310676.jpg (Photo by TH)
 
日中でもドライフライに元気よく反応してくれるカワムツたちと戯れる
    P7051144.jpg 
  上の写真右上あたりにヒルガオ
   ロッドを持っていないと こんなところに目がいったりするものだ
 主要ポイントをまわり 大型こそ出ないが数はそれなり

  
夕方に向け あの場所へ移動する
 移動中に コンビに昼食
 いい年の3人がコンビニでエネルギーとしてだけの食物をむさぼる
  こういうの 嫌いじゃない....
   コーヒーブレイクもそこそこに 第3ラウンド開始

今日は 一日雨模様 
 といっても 時折 雨粒が大きくなるものの
  ずぶ濡れになるような降りでもなく ずっと霧雨

前日までの猛暑がうそのような陽気
 むしろ寒いくらい
  それもそのはず 外気温は24℃しかない
 
そして 川のそばに寄ってみて気づいた
  「濁ってる」 しかも いい感じのうす濁りだ

自分がタックルセットしている間にITさんが一足先にお気に入りのポイントへ
 THさんは一人 車なので少し離れた場所に駐車してこちらに向かっている

自分は ITさんの入っている少し下流に入ると
 そのとき すでに ITさんのロッドが大きく絞られているのが目に入った
 「いいね いけるね」
 自分の入ったポイントでも ハスの気配がムンムンである
 
はやる気持ちを抑えてファーストシュート!
 アクションを加えると すぐさま反応
  しかし あまりのできすぎ感に 体が反応せず フッキングミス
 だが そんなことはどうでもよかった

 ここからは さっそくの 暴走モード
  振り込んだフライを追って 複数のハスが激しくチェイスする
こうなるともう止まらない
P7051107.jpg  なかなか来ないTHさんを待ちながら 
  暴走モードは止まらないので ついつい愉しんでしまう
 濁り 霧雨 水温22.5℃ 昨日の猛暑からのすごしやすい曇り空
  見事に 彼らのやる気はMAXである

 キャッチ10本を数えたころ THさんがやってきた
  雨対策に着替えてきてやる気も万全
  さっそく 場所を変わり 自分は場所をずらす
  
 上流で釣っていたITさんは さらに上流に移ったようだ
 ITさんが流していたポイントでさらに2尾キャッチ
  まだまだ 反応は止まらない

 このあたりはTHさんに任せ 自分も上流へ

ITさんのいる場所と離れてたポイントに入る
 ここでも 反応がスゴイ 
   ハスが 激しすぎて
 オイカワが釣れないような状況だ
  このラッシュ感 まさに暴走モード 明らかに 今季最高の状態である

  魚の動きを追いながらキャストしていると
    画にかいたようなストライクを繰り返す
   
 自主規制尾数は15尾 気づけばオーバー
  しかし 久しぶりの釣りということ + この高活性では
   そこでやめろというのは 酷 である

 今日のハスたちは 特定のパターンにすこぶる反応が良い
  ITさんも この反応の良いところへ 呼び
  しばらく 二人で 愉しませてもらった

そうこうしているところへ下流のポイントからTHさんがやってきた
 なかなかパターンにはめられないとのことなので
  場所を変わり

ここで 自分はロッドを置くことにした
P7051158.jpg
未産卵と思われる雌
 あと少しで 完全に産卵も終わってしまうだろう
  そうなると ハスたちはここから移動してしまう

P7051166.jpg 圧倒的に雄が多い今日
 しかも 23~25㎝にカタが集中する
  やっと釣れた大型も
28㎝にとどかない
  先週の群とは違う群なのだろう
   まぁ これだけ反応してくれると もう笑いが止まらない
  脳内はあの汁で満たされているはず
  容赦なく釣ったら 30尾は軽々超えることになって....

しかし シーズンも終盤の様相になってきた
 もう 年間自主規制数に到達したので
  ここからはハス狙いはセーブすることにしよう


ハスが乱舞している間隙に
P7051119.jpg いいサイズの夏色も3尾 といっても 18㎝にはとどかない...
前回 Tokkoさんと来た時にもいい釣りをさせてもらったが
 今日もまた ハスたちのアツいファイトで心底愉しませてもらった

今季初のトリプルヘッダー釣ーリング
 去年は GLさんと15時間耐久のような遊びをしていたが
今日もよく遊んだ
 ITさんもTHさん お二人には こんな遊びに付き合っていただいて感謝と敬意を表する
 
惜しむらくは やはり
 今日も 暴走モード体感前にお帰りになってしまったGLさん であった

〈今日の釣り人〉
P7051021.jpg 
 自身 今年初となる夏色を複数キャッチ
 エクストリーム出社 お疲れ様

P7051152_20160706230948f49.jpg 
 手前 ITさん
  今年からハスデビュー 初回の釣行でBHロッドを注文してしまう強者
 奥 THさん
  川へ通勤しているといわれるフライマンの一人
  この2か月ほどの間に恐ろしい勢いで上達している



≪メモ≫ 今日のハス釣果で今季通算108尾
   (年間釣獲自主規制数100を超えてしまった..... 煩悩と同じか...)
※極夏:混色が非常に色濃く出て 
    黒い顔をしてメタリックなブルーグリーンを纏ったオイカワの雄に対し 
    先日GLさんが名づけた呼称
    去年まではガングロなんて呼んでいたが


にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

 オイカワ Zacco フライ ハス

2 Comments

Gran Lusso  

せっかく紅白の握り飯で願掛けしてたのに、念が通じたのが遅いよ(笑)
爆走モード体験したかった。GLの写真二枚とも寂寥感ハンパないんですけど...(笑)
今季もあとちょっと。グッと来る極夏を引き寄せたいです

2016/07/12 (Tue) 02:24 | REPLY |   

matt  

Re: タイトルなし

Gran Lusso さん

あなたの念は しっかりそのあと恩恵に授かりました

寂寥感ハンパない写真 それは その事実をそのまま映し出しております
ちょっと演出的なところがないともいえませんが....

さぁ シーズン終盤 極夏に出会えるのも もうあと少しです
一期一会 大事にいきましょ。

2016/07/12 (Tue) 08:55 | REPLY |   

Leave a comment