愉々しき雑録

愉な記憶を徒然な感じに残してゆこうかと

ハスと会えなくなる日におびえる が それは杞憂 でも そう遠くない

実は日曜日の午後もあの場所にいた
 でもソレは釣りというより仲間と遊ぶのが目的

 ちょっと釣りはしたが 時間的にもガッツ入りというわけでもなく
ハスは1尾 オイカワ15尾くらいのライトな感じで

ただ その時 はっきりわかったことが...

もう あの場所のシーズンも終わりが かなり近いという実感

 あと何回遊んでもらえるか?
 そう思うと いてもたってもいられなく
  息苦しささえ覚える 

 毎年 この熱病の末期は こんなメンタルとの闘いでもある

ということで 中2日での出勤だ
 
 このところ朝方の釣果はあまり揮わないことが多い
 でも 自分は朝の あの空気の中 あそこにいることが好きなのだ

 で 今日は朝からどっぷりやりたい希望の自分
  その時間提示でK氏に出勤予定を告げたところ 
   同行希望をいただき 
   P7201390.jpg
   K氏のお宅に代車号で 

して K氏の車でフィールドへ

 着いてみると 驚きの大減水
放水前の時間なので水が少ないのはわかっていたが
 これでは放水後でも日曜日に来た時より減水したのは明白だった
P7201391.jpg
 
なんということか

 日曜日に釣りした時のポイントもかなり露出してしまい

 まぁ 魚はいるはずなので そこは信じて
  
   そして 
     P7201487.jpg 
    ちゃんといてくれた 夏色

 しかも 反応良好
 BIG1こそないが そこそこのサイズが連発
 ポイントが狭くなっているぶんだけ
 密度が濃くなっている状態のよう

  この時間の このあたりで こんなに反応がよかったのは今シーズン初めてだ

 1時間半くらいでオイカワは20を軽く超え  
P7201438.jpg  前回 もう最後になりつつあると覚悟したハス
   小型ながら2尾 挨拶に来てくれた
  
  「まだ 遊んでくれるのか」
    すこし 安堵する


 放水が始まると 水温が一気に落ちる
  こうなると変化に順応するまで
  しばらく沈黙してしまうのがこのポイント

 上流へ移動する
 
 この場所 ここ数日でハスの数がめっきり減った
 産卵のためにこの川にくるハスたち
 その目的の多くは果たされたのだろう

 ただ 数は少ないながらも
  ちらちらと残留組と控え組が活動しているのが今日は見える

 やる気のありそうなサカナを探して狙い撃つ
 と しっかり返ってくる反応

 だが 暴走モードのような狂乱はもうない

しっかり狙って 反応のある時に獲る
ハスが釣れ始める頃の状態に酷似している
 ある意味 テクニカルに組み立てを愉しめるスタイル

 ここでは やはりオイカワよりハスのほうが反応がよいようだ

 釣れてくるオスはやはり小さ目 23~25㎝程度ばかり
 そこに一本 ドスンと重い手応えが入った

なかなかの重量感 トルクフルなファイトで 魅せる
ランディングしたのは 28㎝のメス
  P7201454.jpg
  こいつはまだ産卵していないのだろう
   なかなかグラマラスな魚体
  P7201465.jpg
   そして 美しい銀箔色
    こんなメスは今季最後かも...
    
   写真を撮って弱らぬよう早々にリリース
     子孫をしっかり残してもらいたいと願う
  
   そして ハスは本日10尾に到達したので
    ドライフライに変更
    P7201471.jpg      
    ドライにでも反応は悪くない
    ドライにはオイカワの反応もぽつぽつあり 愉しめた

なかなかここでのパターンを攻略できなかったK氏だが
 自分なりに釣りを組み立て
  それなりに答えを得られるようになったようだ

彼も今年からこの釣りをはじめ 経験を積んできた結果だろう

今日は今日で想定以上の釣果

ハスたち まだ 少しは遊んでくれそうだが
  それも 今月いっぱいくらいか...という予感は...

と ここでITさんが登場
 3人パーティでの釣りとなる
 
ITさんも釣果が出たところで

そろそろ 落ち着いたであろう下流のポイントへ移動することに
P7201492.jpg 水の状態も落ち着いたか?
 ほぼ予想通りのポイントでオイカワが反応してくる

しかし 魚が広範囲に散ったようで 連発はない
 ただ この流れの中でかかってくるオイカワのファイトはやはり気持ちいい

と そんなところで ハスも混じってくる
P7201451.jpg やはり 痩せているし 小さいが

天気もよく 暑すぎないよい夏日和
P7201504.jpg
 減水により今までは入れなかった場所にポイントが形成されている
  釣ったことのない場所 釣ったことのない流れ

 ここは と思うところを打ちながら
  連発で反応の出るところがある

その一部では 
P7201506.jpg
ウグイが入れ食いになったり

 この場所でこんなに連発してウグイが釣れることははじめて
同じ場所にはオイカワもハスも混じっていた

これは もしかして 手つかずの場所??
 減水により現れたこのポイント
  ごっそり サカナがたまっていたようだ
通常ならあまり釣れない時間であるにもかかわらず
  極夏の18㎝をちょっと切る個体も登場
メインは13~16㎝ではあったが
ここでは ずいぶん愉しい時間をもらった

そんな中 ちょっと珍しい?ハスがお目見え
P7201509.jpg
紅い 
  水面に出たとき ???なほどの色合い 
ランディングしてみて その紅さは際立つ
 水中だとこんなに発色しない
  水上でもそう 水のベールがかかった状態+光の加減で 
 その紅さは際立った

P7151268.jpg 
(前の釣行で釣った青味の強い個体 ムラサキっぽい)
ハスの個体差 なかなか興味深い
 色の違い のような着眼で写真を残すのもいいな
と 思ってみたり

ここではハスの1日あたり自主規制数にはとどかなかったが
 シーズン終盤としては上出来な感じだった

気づけば昼をゆうにまわった時間
何も食べずに釣り続けてた3人
 いよいよな空腹で このフィールドから抜けた

コンビニで食事をとりながら午後のプランを
 ITさんから気になる川の件が提案されていたこと
 その川は自分ものぞいたことがないこと
とうことから ちょっと探索してみることに

しかし そこは特筆すべきこともなく
 ヤマメ採捕禁止の看板が立っているのを見て
我々の求めるフィールドではないことをさとり
 写真も撮らず その場を後にした

そして一行はK氏にはとっては初挑戦となるもう一つの川へ移動

こちらは透明度が高い
 水量もいい感じ
最近ここを敬遠する理由であるアユ狩人は今日は少なめ

ということで 入ってみることに
釣りはじめは オイカワの反応も悪く 
12~14㎝程度の銀色オイカワがポツポツだった

「こんなもんか....」

とあきらめ半分だった
7尾目にして やっと夏色が入る
その後 反応の継続も悪くない
時間を見れば16時を過ぎ 
地合いに入ったのか?
 さらに反応がよくなる

大きくはないがそこそこの夏色連発
 
そして 今年 この川初となるハスがストライク
 が 今年のこの川 ほんとにハスが少ない
今日も 泳いでいるのはちらっと見かける程度で
例年からは想像できない寂しい状況
 ここは年々確実に釣れなくなっていると思う
まぁ 今年の状況はちょっと異常といわざるを得ないと思うが

さて ファーストヒットとなったのは 27㎝の良型
 しかも 痩せを全く感じない力強い魚体だった
水の透明度と相まって
P7201554.jpg
なかなかキレイなショットをいただいた
 午前中 遊んでくれていたハスたちとは別物の風格
まだ これから 産卵に入るであろう状況だが
 これから このポイントをアツくしてくれるような数の魚がいるわけではないので
ただの後発組だろう 
過剰な期待はできない

そしてオイカワ いい極夏
P7201543.jpg 17時をまわって ピタッと反応が悪くなった
こういうものなんだろうなぁ
さて 終わりにするか...

と思った一投
 ちょっとした流れの淀みをフライが通過した時に
ガツン とひったくるようなストライク
今日イチの強烈なファイトが入る
浅い早い流れの中を結構走り回ってくれたそれは
P7201553.jpg 29㎝にとどく この時期らしからぬ
グラマラスなオスだった
釣り開始から12時間
この一尾をもって 気持ちよく今日の釣りをしめることとした

終わってみれば 今日一日なかなか愉しめたよい内容で

オイカワは2河川でたぶん60尾を超え
(今日は携帯しているカウンターを破損 正確な数はカウントできなかった
ウグイが15?尾
ハス15尾
といったところか

あぁ 愉しい一日

エンデュランスな自分の釣りにお付き合い?いただいたお二人
お疲れ様でした

 
<今日の釣り人>
P7201475.jpg 
K氏 朝の出勤時間に及び腰になりながらも終日
   経験値もたまってきた様子
  

P7201477.jpg 
ITさん この日川に行くことを知らせておいたら
    どうしようかな?といいつつ登場するドハマりぶり

≪メモ≫ 今日のハス釣果で今季通算140尾(ブログにない前回の日曜釣行分1尾+)
     
   

にほんブログ村 釣りブログ 小物釣りへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

 Ffreshwater Fishing

 オイカワ Zacco フライ ハス Fly

4 Comments

Avant-garde  

凄い減水ですね。ビックリです。
魚が溜まってるポイントに出会える楽しみがありそうに感じます。
釣り切るとマヅメ時でもアタリが無くなりますね。
こちらの餌釣りでも、1〜2時間釣っても半日釣っても、釣果はそんなに差が出ません。

2016/07/26 (Tue) 00:04 | REPLY |   

matt  

Re: タイトルなし

Avant-garde さん

フライは結構足で稼いでます。
同じ場所で粘っても釣果はのびませんし(笑)

オイカワのいいところは ちょっと場を休ませると回復するケースが多いことで。

しかし もう 来年の動向が気になります....

2016/07/26 (Tue) 00:14 | REPLY |   

GL  

序文がGLワールドに負けないくらい切なく感じたけど、読み進めるほどにどストライクなmatt ワールドに(笑)結果もちゃんと出たね

2016/07/27 (Wed) 01:15 | REPLY |   

matt  

Re: タイトルなし

なんかセンチメンタルを感じる時期がやってまいりました....

ほんと いつ沈黙するのか?にビクビク

毎年 やってくる 夏色&川ハス ロス

立ち直るのにちょっと時間がかかります....

2016/07/27 (Wed) 09:33 | REPLY |   

Leave a comment